テレビのアンテナの端子を増設したいときのお悩み解決方法!

テレビというものは、テレビアンテナとテレビに内蔵されたチューナーを繋ぐことで、受信した電波が映像に変換され、それが液晶画面に映ることで初めて視聴できるようになります。

そのためテレビは電源コンセントのほかにテレビアンテナ端子への接続が必須です。

しかしテレビアンテナ端子はすべてのコンセントについているわけではありません。設計によっては全部屋のうちリビングに1つにしか付いていないケースもあります。アンテナ端子がないと、好きなところにテレビを設置できないなどの問題が発生します。

この記事では、上記のような疑問を持っている方に向けて、アンテナ端子増設に関する悩みや増設方法、自力で増設する際に考えられるリスクなどについてご紹介します。

それでは順番に見て行きましょう。

アンテナ端子がないとテレビが見られず不便

冒頭でも説明した通り、テレビはアンテナ端子へ接続して始めて番組が視聴できます。その特性の結果、いくつかの問題点が生じるというもの。この項目ではテレビアンテナ端子にまつわる悩みをご紹介いたします。

アンテナ端子の増設での悩みとは?

一般的な住宅の場合、アンテナ端子はリビングのコンセント1つのみに設けられていることが多いようです。そのため、マイルームや書斎でテレビを見たいと思っても、そもそもアンテナ端子がないことが多々あります。また万が一端子があったとしても、必ずしもそこにテレビを置きたいかというと、そうではありませんよね。

以上の点から、「好きな場所でテレビが見られない」という悩みが多く挙がっています。

テレビアンテナの電波をWi-Fiのように飛ばすことは現状不可能です。分配器を用いて室内配線することもできますが、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

そうなると、もっともよい解決方法は任意の場所へのアンテナ端子増設です。
しかし工事を検討するとしても「自分の家で工事ができるのかどうかわからない」「費用相場がわからない」など、増設に関しては悩みが尽きません。

アンテナの端子の増設がしたい

アンテナ端子の増設を決めたら、次に気になるのは増設費用や作業の手順ですよね。

費用はいくらぐらい?

テレビアンテナ増設の費用相場はおよそ1万円で、ほかの作業費を合わせると1万5千円程度になります。
また、一般的な木造建築の場合は大丈夫ですが、鉄筋コンクリート造の住宅の場合は、さらに大がかりな工事が必要になるため、費用が高くなる傾向にあります。

ケーブルを引く方法

ケーブルを引く方法は2種類あります。
1つ目はケーブルを室内に配線する方法で、「露出仕上げ」と呼ばれます。露出仕上げの場合は室内に配線がむき出しになってしまうため見た目が悪くなってしまいますが、工費を安く抑えられます。倉庫や工場、あるいはあまり美観を気にしない一般家庭では最適の配線方法だと言えるでしょう。

2つ目は「隠蔽仕上げ」と呼ばれる方法で、名前の通りケーブルをすべて壁の内側へ隠してしまう配線方法です。隠蔽仕上げは部屋の見た目を損なわない反面、工事費用が割高になってしまいます。

アンテナとコンセントの距離の違い

大元のテレビアンテナから、増設を検討しているコンセントまでの距離や壁の枚数によって必要なケーブルの長さは変わります。通すルートによっても必要な長さは変化するので、ケーブルを購入する前に1度確認してみると失敗する確率が下がります。

自分で増設できる?

アンテナ端子の増設は自力でもできるのでしょうか。答えは「イエス」です。しかし、いくつか注意点や必要なものがあるため、増設工事をする前にしっかりと確認しておきましょう。

部品が必要

アンテナ端子の取り付けには専用の部品が必要です。コンセントボックスや取付枠カバーなどはホームセンターで誰でも簡単に手に入れられます。
またDIYするためには、上記の部品だけでなく工具も必要になってきます。

必要なものを買いそろえていると、結果的に業者に頼む場合とあまり費用に差がない、ということもあるかもしれません。

専門的な知識が必要

アンテナ増設工事は、電源コンセントの設置と違い電気工事士の資格は必要ありません。しかし、アンテナからのルート取りや既存のコンセントボックス・空洞の活用など、専門的な知識が必要になる場合も多くあります。

またゼロから配線のためのルート開拓を行うとなると、工事も複雑で大がかりなものになってしまいます。配線を間違えてしまうと、テレビを導入しても何も映らないという事態になりかねないため、業者に依頼して確実に取り付けてもらうことをおすすめします。

住んでいる環境に注意する

地上デジタル放送用の八木式アンテナは、多くの場合屋根の上に設置されています。そのためケーブルを引き込むために高所での作業が必要になる可能性があります。そうなると、思わぬアクシデントに遭い、落下事故やケガをしてしまうかもしれません。

また賃貸住宅や集合住宅では、管理者に断りなく工事してはいけないと取り決められている場合があります。そのため自己判断で業者を呼ぶことはせず、かならず管理者や所有者に確認を取りましょう。

確実に増設したいなら!

ケガや増設失敗のリスクなしで確実にテレビアンテナ端子を増設したいときは、1度専門業者に増設の相談や見積もりを出してみるのはいかがでしょうか。

プロにまず相談しましょう!

街の修理屋さんでは、いつでもテレビアンテナ端子の増設取付工事の相談・見積もりをお受けしています。

相談方法は電話とメールのうち好きな方を選ぶことができ、年中無休でいつでも対応しております。

テレビの台数を増やしたいけれど、自身の環境で増設できるのかどうかわからないときは、1人で悩まず、街の修理屋さんまでご連絡ください。
経験豊富なスタッフが、丁寧に解説させていただきます。

工事を決めた際には全国各地の拠点から、ご自宅に近いスタッフがすぐにお伺いするので、お待たせすることはありません。お見積もりも無料です。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す