賃貸のエアコンが水漏れしたら管理会社に連絡すべき【修繕費が無料】

「賃貸のエアコンが水漏れしてきた。初めに何をすべきかや、修理代は誰が支払うかなど知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンが水漏れした経験なんて、ほとんどありませんよね。どんな行動をすべきか、よく分からないでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 賃貸のエアコンが水漏れしたら何をすべきか
  • 賃貸のエアコンが水漏れしたら誰が修理代を支払うか

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

賃貸のエアコンが水漏れしたら管理会社に連絡しよう

賃貸のエアコンが水漏れしたら管理会社に連絡しよう

賃貸物件に備え付けでついているエアコンが水漏れした場合、まずどこに連絡すれば良いのでしょうか。賃貸物件のエアコンが水漏れを起こしてしまったら、まずその物件を管理している人に連絡するようにしましょう。

管理会社が入っている場合は管理会社に、管理人や大家さんが直接管理している物件であれば、管理人や大家さんに連絡を取ります。賃貸物件に最初からついているエアコンは、管理会社や大家さんに所有権があります。

そのため、エアコンからの水漏れも物件の管理の一環として無償で修理を行ってくれる場合があります。また、こちらで勝手にエアコンを修理してしまうと、管理会社や大家さんのものを勝手に触ってしまったことになり、トラブルに発展することもあります。

住んでいる部屋に備えつけられているものは、借り物であるということを忘れてはいけません。賃貸物件のエアコンから水漏れをしてしまった場合は、まずその物件を管理している人に相談し、エアコン修理をしても良いか、そちらで修理してくれるのか、という点をしっかり確認して明らかにしておくと安心です。

賃貸のエアコンが水漏れしたら誰が修理代を支払うか

賃貸のエアコンが水漏れしたら誰が修理代を支払うか

賃貸のエアコンが水漏れを起こしてしまった場合、誰が修理代を払うことになるのでしょうか。エアコンの修理代は高額になることもあり、突然エアコンが水漏れを起こしてしまったとなるとお金の面でも不安になることでしょう。

賃貸のエアコンが水漏れを起こしてしまったときに誰が修理代を払うか、という点は、場面によって様々です。管理会社が支払ってくれる場合と、自分で支払いが必要な場合の2つについて詳しくご紹介します。

管理会社が支払う場合

賃貸物件に入居した後にすぐに水漏れを起こしてしまった場合や、経年劣化による故障で水漏れを起こしていると考えられる場合は、管理会社が修理代を払うことになります。なぜなら、賃貸物件に備えつけられているエアコンは、居住者のものではないからです。

備え付けのエアコンの持ち主は管理会社や大家さんであり、居住者のものではありません。そのため、賃貸物件に入居してすぐに水漏れを起こしてしまっている場合や、エアコンが古くなって故障して水漏れが発生した場合は、管理会社が責任を持ってエアコンを修理しなければなりません。

また、このような場合、管理会社や大家さんの許可なしに修理を行ってしまうと、思わぬトラブルが発生してしまう場合があります。賃貸物件は室内のものを勝手に触らない、入居したときの状態で戻す、というルールがあるため、備えつけのエアコンを修理したいと思ったら、まず管理会社に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

入居者が支払う場合

賃貸物件に自身でエアコンを取り付けた場合や、備え付けのエアコンに物が当たって壊してしまったなどの過失がある場合は、エアコンの修理は自己責任になります。自分で取り付けたエアコンは、居住者が所有権を持っています。そのため、いくら賃貸物件についていても、自分で責任を持って管理、修理を行う必要があります。

この場合は、自分で所有権を持っているものなので、管理会社に指示を仰ぐ必要はありません。ただし、たとえ備品であっても、エアコンに物を当てて壊してしまったなどのこちら側の明かな過失が認められる場合は、こちらも壊した人が責任を持って修理するという形になります。

ただし、壊してしまったからといってすぐに修理業者を呼ぶのはやめましょう。先ほども説明した通り、備え付けのエアコンは部屋に置いてある「借り物」です。

すぐに修理業者を呼んで修理してもらう前に、管理会社に「エアコンを壊してしまったが、修理業者を呼んでもいいか」という点について相談してみましょう。こちらで勝手にエアコンを修理してしまうと、退去時にトラブルになる可能性があります。

もうエアコンが水漏れしないための防止策

もうエアコンが水漏れしないための防止策

エアコンの水漏れはなるべく起こしたくないトラブルの一つです。特に賃貸の場合、エアコンからの水漏れが床に影響するのではないか、ということも考えられるので心配、という方もいらっしゃるでしょう。

エアコンの水漏れは、エアコンの内部に溜まった結露を排出する「ドレンホース」という部品の不調によって起きていることが多いです。このドレンホースが詰まったり、経年劣化でひびが入って外から水が入ってきていたりと原因は様々ですが、素人では原因を詳しく判別することは難しいです。

そのため、エアコンの修理業者に依頼して修理を依頼するのがおすすめです。エアコンの水漏れはエアコンが故障しているのが原因というイメージがありますが、実はドレンホースを新品に交換するだけで水漏れが止まるということもあります。

また、エアコンの修理業者を選ぶ場合は、エアコン修理の実績がきちんとある業者に依頼するのが良いでしょう。弊社、街の修理屋さんではエアコン取付の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。

年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコン取付は、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ