三つのポイント

BSチューナーって本当に必要?目立たないけど重要なチューナーを徹底解説

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

bs チューナーはなかなか目立たないアイテムです。家にあるけど、本当に必要なのか気になる方もいらっしゃるでしょう。そんな皆さまの疑問にお答えするために、この記事ではbs チューナーの必要性や他の機器との組み合わせ、アンテナの必要性など、bs チューナーに関する情報を徹底解説します。

bs チューナーは必要か

bs チューナーはBS放送を見るために必要アイテムです。しかし、皆さまのお宅にあるテレビにbs チューナーが内蔵されていれば、新たに準備する必要はありません。ここでは、bsチューナーの必要性、手に入れる方法、bsチューナーがあれば見られるBS放送について解説します。

bs チューナーはBS放送を見るために必要

テレビによっては、bsチューナーがないとBS放送を見ることができません。以下にbsチューナーが必要なテレビを挙げます。以下のテレビを使用されていてBS放送を見たい場合は、bsチューナーを購入しましょう。

  • 地デジのみ対応のテレビ:アンテナ入力端子が1つでB-CASカードのカラーがブルー。

※地デジとは、地上デジタル放送の略で高品質な画質や音声の放送のことです。

bsチューナーはインターネット通販や電器店で購入できる

bsチューナーを手に入れる方法は、インターネット通販や電器店での購入です。メーカーにより価格は異なりますが、1万円前後から3万円くらいまでありますが、ネットで売られているものは1万円前後が多いです。

中には、bsチューナーの売れ筋ランキングを紹介しているサイトも存在します。売れているものを買いたいという方は、参考にしてみてください。また、サイトによって多少値段が異なるため、なるべく安く買いたい方は、複数のサイトを検索したり、価格比較サイトを参考にしたりすることをおすすめします。

bsチューナーで見られるBSで放送している無料番組

BSで放送している無料番組は以下です。

  • BSテレ東
  • BSフジ
  • BS 11
  • BS日テレ
  • BS朝日
  • BSTBS
  • 放送大学
  • Dlife
  • トゥエルビ

BSで放送している公共放送

公共放送はNHK BSです。

  • NHK BSプレミアム
  • NHK BS

BSで放送している有料放送

有料放送も多数あります。代表的なものをご紹介します。有料ですが、趣味に合う番組があれば、登録しみても良いでしょう。楽しいおうち時間を過ごせそうです。

  • シネフィルWOWOW
  • ディズニーチャンネル
  • FOXスポーツ&エンターテイメント
  • BSアニマックス
  • WOWOW
  • グリーンチャンネル
  • スターチャンネル
  • BSスカパー
  • 日本映画専門チャンネル
  • JSPORTS

bs チューナーが必要ないテレビもある

以下に挙げるのは、bsチューナーが必要ない、チューナー内蔵テレビです。bsチューナーを使わずにBS放送を楽しみたいという方におすすめ。

  • BSデジタル放送に対応可能なテレビ:特徴はB-CASカードのカラーが赤になっているところです。アンテナ入力端子は2つ存在します。
  • 4Kチューナー内蔵のテレビ:4Kテレビと言われるものです。アンテナ入力端子が2つあり、地デジが見られます。また、B-CASカードの差込口がありません。

bs チューナーと他の機器との組み合わせ例

bsチューナーは、他にどんな機器と組み合わせて使うのでしょうか。ここでは、高画質、中画質、並画質の組み合わせ、bsチューナー内蔵の最高画質について解説します。

高画質の組み合わせ

高画質を味わえる組み合わせです。以下の機器を組み合わせると16:9のワイド画面で高画質のデジタルハイビジョンを楽しめます。画質の良さを大事に思う人におすすめです。

  • BSアンテナ
  • bsチューナー
  • ハイビジョンテレビ/プラズマハイビジョンテレビ/プログレッシブワイドテレビ

中画質の組み合わせ

中画質の組み合わせです。標準的な画質で良いという方におすすめ。16:9のワイド画面で見られます。

  • BSアンテナ
  • bsチューナー
  • ワイドテレビ

並画質の組み合わせ

画質に深いこだわりのない標準画質を希望される方におすすめの組み合わせです。こちらは4:3の標準画質です。

  • BSアンテナ
  • bsチューナー
  • スタンダードテレビ

最高の画質はチューナー内蔵テレビ

最高の画質はbsチューナー内蔵テレビです。16:9のワイド画面でデジタルハイビジョンの最高画質を味わえるでしょう。

  • BSアンテナ
  • チューナー内蔵のBSデジタルハイビジョンテレビ

BSを見るにはアンテナが必要

BS放送を見るためには、bsチューナー以外にアンテナも必要です。賃貸の場合は自由に取り付けができません。共同受信アンテナがあるか、大家さんか管理会社に聞いてみましょう。

古いアンテナだと受信できないことがある

古いアンテナの場合は、BSを受信できないことが多いです。ただし、BSアナログ放送が見られるケースだと、そのままのアンテナを利用できることもあります。

新しくアンテナを設置する場合は、アンテナ、ケーブル、取り付け金具などを購入します。しかし、専門的なスキルが必要な上に危険も伴うため、専門業者に頼む方が安心です。インターネットで「アンテナ取りつけ業者」で検索してみても良いですし、ご近所で評判のよいアンテナ業者があれば、そこに頼みましょう。

BSデジタル放送・110度CSデジタル放送対応のアンテナが必要

これから、アンテナを購入される場合は、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送対応のアンテナを選んでください。マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、上記のアンテナが共用で使用されている場合も考えられます。そのケースであれば、新しくアンテナを設置しなくても大丈夫です。わからない場合は大家さんか管理会社に確認しましょう。

BSを見るにはbs チューナーとアンテナが必要

bsチューナーはBS放送をみるために必要なアイテムです。お持ちのテレビが地デのみ対応のものであれば、bsチューナーを購入する必要があります。電器店やインターネットの通販サイトで購入できるので、ご検討ください。

しかし、チューナー内蔵のテレビを使用されている場合はbsチューナーを用意する必要はありません。

また、BS放送を見るのには、アンテナも必要になるので、ご注意ください。集合住宅の場合は、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送対応の共同アンテナを使用しているか確認しましょう。

もしも、新たにアンテナを設置する場合は、業者に依頼しましょう。素人では危険を伴います。インターネットや近所の評判などで、信頼できるアンテナ取りつけの専門業者を探して依頼してください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す