部屋をオシャレに彩る照明はダウンライト!特徴と注意点をプロが解説

「せっかくおしゃれな部屋にしたのに、部屋のインテリアが目立たない上に照明が悪目立ちする……」なんてことありませんか。

ポピュラーな室内照明といえばシーリングライトやペンダントライトですが、他にもたくさんの種類があります。インテリアにスポットを当てて部屋をおしゃれに演出するなら、ダウンライトがおすすめですよ。

そこで今回は、ダウンライトの下記内容について解説します。

  • ダウンライトとは
  • ダウンライトの種類と色
  • デメリット

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明の疑問解消に役立ててくださいね。

ダウンライトとは

点灯したダウンライト

ダウンライトとは、天井埋め込み式の照明器具のことです。天井に穴を開け、専用の照明器具を埋め込み設置します。照明の本体は天井に隠れる状態になるため、部屋に光だけを届けます。

そのため照明の存在感がなくなり、スタイリッシュな雰囲気になります。

また、天井から下がるものがなくなるため、部屋の圧迫感が軽減されます。

ほかにも、表面に出ている部分があまりないためホコリやゴミが溜まりづらい点や、シーリングライトより眩しく感じなくなる点などのメリットがあります。

部屋をおしゃれに演出

ダウンライトの設置方法は様々ですが、部屋の壁際に設置して壁と床を同時に照らしていることが多いです。

ダウンライトは基本的に真下しか照射できません。そのため、照明として照らす範囲が狭くなる面があります。しかし壁を照らすことで、落ち着いた光が全体に届くようになり、暗さを感じさせません。また、家具やインテリアの影により部屋全体の印象を操ることができます。

電球を設置

以前は、白熱電球を設置するタイプが主流でした。現在はLED電球を設置するタイプか、LED一体型が主流です。

LED電球を設置するタイプは、以前の白熱電球と同様に電球の寿命が来たタイミングで新しいLED電球に交換します。

LED一体型は、電球の交換はできません。電球の寿命が来たタイミングで、照明本体ごと交換することになります。

ダウンライトの種類と色

消灯したダウンライト

ダウンライトの種類

ダウンライトは大きく分けて3つの種類があります。

ベースタイプ(全般照明)

ダウンライトの中で最もポピュラーです。「天井埋め込み型の照明」と聞いて真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。商業施設や図書館、博物館などの施設でも使用される照明です。住宅で利用する際は、リビングダイニング、廊下、トイレなどどこに利用しても馴染む見た目と明るさです。

ユニバーサルタイプ(角度調整)

埋め込み型の器具の中に、角度調節が可能な電球ソケットが入っているダウンライトです。見た目は、ベースタイプのダウンライトの中にスポットライトが入っているようにも見えます。

角度や向きを調整できるため、壁に飾った絵画やインテリアを好みの角度で照射できます。

後から照射角度などを変えることができるため、建築時にオブジェや絵画などの設置位置が未定でも問題ありません。

ピンホールタイプ

光を絞って集中させているため、狙った箇所をピンポイントで照射できます。飾り棚にこのダウンライトがあると、明暗差が生じる為、メインのインテリアをより際立たせることができます。

また、書斎のデスクなどに設置すれば読書用の灯りにもなります。

ライトの色

白熱電球は色が1色ですが、LEDは色が様々です。

ダウンライトで使用される色は、主に下記4色です。

  • 電球色:白熱電球と同じオレンジ色の光
  • 温白色:電球色よりやや明るく昼白色より落ち着いた色の光
  • 昼白色:昼間の太陽光に近い自然な光
  • 昼光色:さわやかで明るい青みがかった白色の光

それぞれの色を詳しく解説します。

電球色

電球に似たオレンジ色の光です。暖色系の色のため、落ち着きや食欲増進の効果があります。夜などのリラックスタイムのリビングや、食事を摂るダイニングなどでの使用が適しています。また、4色の中で最も暗いため寝室に使用すると睡眠を妨げません。トイレや廊下などの点灯時間の短い場所での使用も向いています。

温白色

明るさの面では電球色に次いで暗い色です。自然光に近い色でありながら、昼白色ほど明るくはない特徴があります。リビングや和室など、落ち着いた光が適した空間に向いています。

昼白色

昼間の太陽光に似た自然な光です。日の当たらない部屋に昼白色の照明を設置すると、光がなじむため、部屋で過ごしやすくなります。リビングの他、日当たりを問わず各部屋に向いている色です。

昼光色

青みがかった白い光です。すっきりと明るく、清々しい雰囲気を演出します。青は集中力を増進する効果のある色のため、勉強をする子ども部屋や仕事部屋などに向いています。

シーンに合わせた光

同じ部屋でも時間帯や状況によって、部屋に求める雰囲気は変わることがあります。 例えば、午前中のリビングでは昼白色、仕事や勉強に取り掛かる昼間から夕方にかけては昼光色、リラックスしたいときには温白色、夜は光で目が冴えてしまうのを防ぐために電球色などそれぞれに求める色は異なります。この場合、光を変更できると便利ですよね。

調光タイプのダウンライト

明るさを調節できるタイプのダウンライトです。リビングや寝室に適しています。

時間帯に応じて照明を明るくしたり暗くしたりすることが可能です。

例えば、寝る時間が近付くにつれ徐々に灯りを落としていくこともできます。

調色タイプのダウンライト

電球色から昼白色へ切り替えができるタイプや、電球色から温白色、温白色から昼白色と3色をスイッチで切り替えできるタイプもあります。

例えば、リビングで仕事や勉強を行う際は昼白色、寝る前の落ち着きたい時間帯は電球色などの切り替えも可能です。

デメリット

デザイン面でメリットの多いダウンライトですが、他の照明と比べた時のデメリットもあります。

家具の位置が変えられない

ダウンライトは天井埋め込み型の照明です。灯りは照明直下に届き、その周りはぼんやりと照らし出す特徴があります。シーリングライトのように部屋全体を照らすものではありません。そのため、家具の位置によっては影が不便な位置にできてしまったり、ダウンライトの真下に背の高い家具があると火災原因にもなります。

広い部屋には光が足りない

リビングなどの広い部屋で使用する際に、ダウンライトでは光が足りず暗い可能性があります。

ダウンライトは天井に埋め込んである以上、シーリングライトのようにひとつで部屋全体を照らすことはできません。そのため、広範囲を照らすには複数取り付ける必要があります。

広い部屋をダウンライトのみで照らすには、天井にいくつも穴をあけてダウンライトを設置する必要があります。スタイリッシュな部屋を目指したのに、結果的に穴だらけの天井になってしまえばスタイリッシュとは正反対の見た目になってしまいます。

広い部屋でダウンライトを使用する場合は、壁際にダウンライトを設置して中央はペンダントライトを設置するなど、他の照明とも組み合わせると良いでしょう。

交換ができない

LED一体型ダウンライトの場合は自分で交換ができません。一体型はLEDに寿命が来ても電球だけの交換ができないつくりになっています。そのため、交換時期が来たら照明本体ごと交換する必要があります。

ただし、大抵の照明器具は寿命が10年ほどです。照明器具の交換タイミングと同時期に電球も寿命を迎える以上、全体交換は妥当とも言えます。

なお、この交換作業には配線をともなう電気工事が必要になります。これには電気工事士の資格が必要な作業です。自分で行おうとせず、業者へ依頼しましょう。

街の修理屋さんでも、ダウンライトの交換は承っております。

費用について知りたい場合も、お気軽にお問い合わせください。

街の修理屋さんでは電気工事をともなう設置工事もお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。照明の交換や点検は5,000円より受け承っております。お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方はお電話やメールでお問い合わせくださいね。お待ちしております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ