スカパーのアンテナの取り外しが自分でできるのか?悩んだ時の参考記事です

「スカパーのアンテナを取り外したいけれど、自分でできる?」と思う方は多いでしょう。自分で取り外すか、それとも業者に依頼をしたほうがよいのか、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • スカパーのアンテナの基礎知識
  • スカパーのアンテナを自分で取り外せる?

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、アンテナのトラブル解決に役立ててください。

スカパーのアンテナとは

まずは、スカパーのアンテナについての基礎知識と、取り外しの依頼についてご説明します。

スカパーのアンテナについて

スカパーとは、スカパーJSAT株式会社が運営する、有料放送管理サービスのことです。映画やアニメ、スポーツなど、さまざまなジャンルごとに専門チャンネルがあり、自分の見たいチャンネルを選んで契約をします。

また、契約だけではなく、専用のパラボラアンテナも必要です。パラボラアンテナは、白くて丸いお皿のような形をしたアンテナです。このパラボラアンテナを設置すれば、CSやBS放送を見ることが可能になります。

スカパーに取り外しの依頼もできるがデメリットもある

スカパーのアンテナは、スカパーのサポートセンターに依頼をして取り外してもらうこともできます。

しかし取り外しの依頼ができるのは、現在スカパーと契約中で、月々の利用料金の支払いに滞りがなく、引っ越し後もスカパーの視聴を継続する方に限ります。

また、取り外した際に不要になったアンテナやチューナーは、引き取ってもらうことができません。お住まいの自治体で定められている方法に従って、自分で処分することになります。

さらに、引っ越す際に依頼するにしても、対応してもらえるまでにどれくらい時間がかかるかは分かりません。すぐに作業してもらえない場合は、自分でアンテナの工事業者に依頼をするほうが早く対応してもらえる可能性が高いです。

時間がないし自分でも取り外せる?

「業者に依頼するのではなく、自分でアンテナを取り外したい」と考える方もいるでしょう。

アンテナ自体はそれほど重くなく、自分で取り外すことは可能です。しかし、実際に取り外し作業を行うには、知識や工具など、さまざまな準備が必要になります。

そこで、ここからはアンテナの取り外しに必要なことについてご説明します。

配線やケーブルの知識がある

まずは、配線やケーブルの知識が必要です。

アンテナとテレビは、配線で繋がっています。アンテナを取り外す際は、この配線を処理しなければならないのですが、素人には難しい作業です。

専門知識がない状態で作業を行うと、配線やケーブルを抜くときに感電してしまう危険性があります。最悪の場合は、火災の原因となってしまうこともあります。専門知識がない方は、なるべく配線やケーブルには触らないようにしてください。

アンテナの配線

工具を使いこなせる

取り外し作業では、ボルトを緩めたりワイヤーを切ったりする際に工具を使用します。また、感電防止のための絶縁手袋や、屋根上まで届く高さのはしごの準備もしなければなりません。

これらの工具自体も必要なのですが、安全に作業を行うには、工具を使いこなせるほどのスキルも必要です。

スキルのない方が無理に作業を行おうとすると、工具の使い方を間違えてしまい、感電やケガをする恐れがあります。作業に自信がないのであれば、自力での取り外しはおすすめしません。

高所作業の経験がある

アンテナは、屋根上や壁面など、高い位置に設置されていることが多いです。そのため、取り外し作業も当然高所で行うことになります。

屋根の形状によっては、平らな足場を確保するのが難しく、傾斜で作業をしなければならないこともあります。

もし高所作業に不慣れな方が作業を行うと、アンテナや工具を落下させてしまう可能性があります。また、物だけでなく、ご自身が落下してケガをしたり、命を落としてしまう恐れもあります。

安全に作業を行うには、高所や傾斜での作業経験がある方が行うほうがよいでしょう。

周りへの配慮を考えている

アンテナの取り外し作業は、ご自身だけの問題ではありません。

万が一アンテナを高所から落下させてしまった場合、他所の敷地内にアンテナが落ちたり、近隣の家の外壁に傷をつけたりといった問題が起こる可能性があります。

近隣の方に迷惑にならない作業方法や、周囲に被害があった場合の対処について、事前にしっかりと考えておかなければなりません。

電波の角度調整が大変

もしアンテナを取り外せたとしても、新しいアンテナを自分で取り付けるのであれば、もっと作業が難しくなります。アンテナの設置や配線の接続に加えて、電波の角度調整をしなければならないためです。

特に衛星放送用のアンテナは、電波の角度調整がシビアです。調整がうまくできていないと、正常に電波を受信することができません。角度調節をするには水準器などの器具が必要ですし、素人が電波を合わせるには時間がかかるでしょう。

アンテナ工事は素人が行うよりも、プロに依頼をするほうが安全で確実に作業を行ってもらうことができます。無理はせずに、業者に任せるようにしてください。

スカパーの取り外しは安全に

基本的に、スカパーなどのアンテナの工事は高所での作業になります。

もし自力で作業を行うにしても、安定した足場を確保する、ほかの人にはしごを支えてもらう、天候のよい日を選ぶなど、安全に配慮しければなりません。

少しでも不安があれば即日対応の業者に頼みましょう

アンテナの取り外しは専門的な知識や工具が必要ですし、作業を終えるまでには結構な時間がかかります。「自分で取り外しをするのが不安」だと少しでも思うのであれば、業者に頼んで安心安全にアンテナを取り外しましょう。

街の修理屋さんでも、アンテナ工事を承っています。

全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ