業務用エアコンの掃除方法を解説【自分で行うか業者に依頼する】

「業務用エアコンの掃除をしたい。自分で行う方法や業者に依頼する方法など、詳しい手順が知りたいな…」という方は、多いと思います。業務用エアコンは一般的なエアコンと異なるので、掃除の方法が分からないですよね。下手に触って壊れたら、本末転倒ですし。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 業務用エアコンの掃除方法
  • 業務用エアコンの掃除を業者に依頼する費用

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの掃除に役立ててくださいね。

業務用エアコンを掃除しない危険性

業務用エアコンを掃除しない危険性

エアコンを掃除しないで放置しておくと、エアコンの内部にほこりが溜まったり、カビが発生することがあります。特に業務用のエアコンは空気を循環させる能力が通常の家庭用エアコンよりも高いので、エアコンの内部が汚れている状態で運転を続けると、ホコリやカビの胞子などの細かい汚れを室内に拡散してしまうことになります。

また、ホコリやカビを放置すると、業務用エアコンの冷暖房が効きづらくなるというデメリットもあります。では、業務用エアコンはどのようにして掃除すれば良いのでしょうか。

業務用エアコンの掃除道具

業務用エアコンの掃除道具

業務用エアコンの掃除と聞くと「特殊なものが必要になるのではないか」と身構えてしまいますが、業務用エアコンは家庭にあるもので、簡単に掃除することができます。以下の道具があれば、簡単に業務用フィルターを掃除することができるのです。

  • 新聞紙
  • マスク
  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • ドライヤー
  • 古い歯ブラシ

業務用エアコンを自分で掃除する方法

業務用エアコンを自分で掃除する方法

業務用エアコンを自分で掃除するには、まず下準備が必要です。エアコンの説明書を持っているなら、掃除する前に用意しておきましょう。「エアコンの説明書を無くしてしまった!」という場合は、インターネットでエアコンの型番を検索してみるのがおすすめです。

説明書のデータがPDFで公開されているメーカーも最近は多いので、説明書のPDFデータが見つかれば、その画像を見ながら掃除することができます。また、業務用エアコンには様々な形状があります。壁掛け型なのか、天井カセット型なのかなど、形状も把握しておくと良いでしょう。

電源プラグを抜く

まずはエアコンの電源プラグを外します。エアコンに電流が流れているままで作業を始めてしまうと、エアコンの内部に手が触れたときに思わぬ事故が発生する恐れがあります。危険なので、エアコンの電源プラグは必ず抜いてから作業を開始してください。

フィルターを外す

説明書に従ってフィルターを外します。高いところでの作業になることが多いので、足元には気を付けましょう。特に脚立などの足場が不安定な場所で作業する場合は、可能であればフィルターを外すため一人、それを受け取る人が一人という分担にして、二人一組になって作業するのが望ましいです。ほこりを吸わないように、マスクも忘れずに装着しましょう。

フィルターの外し方は説明書に書いてあります。もしなかなか外れないという場合でも、焦って強い力を加えないように注意してください。フィルターは薄いプラスチックで作られているので、強い力が加わると簡単に折れてしまいます。フィルターが外れないときは、引っかかっている場所からゆっくりと外すようにするのがコツです。

フィルターに掃除機をかける

取り外したフィルターに、まずは掃除機をかけてほこりを吸い取ります。ほこりが散らないように下に新聞紙を敷いて作業するのがおすすめです。このとき、必ずフィルターの表から掃除機をかけるようにしてください。

フィルターの裏側から掃除機をかけてしまうと、表面についているほこりが掃除機の吸引力で裏側に引っ張られて、ほこりがフィルターに絡まってしまうためです。フィルターにほこりがからなってしまうと後で落ちにくいので、必ず表側から掃除機をかけて、ほこりが絡まらないようにしましょう。

洗剤を付けて水洗いする

中性洗剤を薄めたものを付けて水洗いします。中性洗剤は、台所用の食器洗剤などを薄めたものでも構いません。このとき、フィルターの裏側から水をかけるようにするとホコリが絡まらずに落とすことができます。

シャワーがあればシャワーを使うと効率的ですが、お風呂場や洗面所にフィルターが入るスペースがない場合は、ジョウロやバケツを使っても構いません。

水でフィルターのほこりを湿らせたら、スポンジでこすってフィルターのほこりを落としていきます。なかなか落ちにくいカビや汚れは、古い歯ブラシでこすると落ちます。ホコリが絡まって取れにくい部分もありますが、しっかりと落としていきましょう。

ドライヤーで乾かし天日干しする

水洗いでフィルターが綺麗になったら、ドライヤーでフィルターを乾燥させます。ある程度乾燥したな、と思ったら、外に出して天日干しにしましょう。

太陽の光に含まれる紫外線には殺菌効果があるので、カビは日の当たる場所には生えてきません。まだフィルターに残っているカビの胞子も、太陽光に当ててしまうことで殺菌されます。

また、生乾きのままでフィルターをエアコンに戻してしまうと、この残ったカビの胞子が湿気で活性化してカビが発生する原因になります。フィルターを洗った後は、太陽光に数時間ほどフィルターを当てて殺菌を行うのがおすすめです。

業務用エアコンの掃除を業者に依頼する費用

業務用エアコンの掃除を業者に依頼する費用

エアコンのフィルター掃除はやらなければならないけど、どうしても時間がないという方や、わかっているけど面倒でやりたくないという方は、エアコンの掃除を業者に委託してしまうというのも良い方法です。

弊社、街の修理屋さんではエアコンクリーニングの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコンクリーニングは、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ