エアコン取付工事の時間の目安を解説【依頼前に確認するポイント】

「エアコン取付工事には、どれくらいの時間がかかるのだろう。大体の目安が知りたいな…」という方は、多いと思います。一般的に、エアコンの工事を依頼した経験は、なかなかあるものではありません。時間の目安など、見当もつかないですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコン取付工事の時間の目安
  • エアコン取付工事を依頼する前に確認するポイント

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの掃除に役立ててくださいね。

エアコン取付工事の時間の目安

エアコン取付工事の時間の目安

エアコンの取り付け工事は大体、1時間~2時間程で完了します。しかし既存のエアコンを取り外したり、エアコンを取り付ける際に追加で工事が必要になると、取り付け工事の時間が伸びていきます。業者に工事をお願いする時は、時間帯指定することができないため、余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。

エアコン取付工事の時間が延びるケース

エアコン取付工事の時間が伸びるケース

エアコン取り付け工事は、1時間~2時間ほどで終了しますが、取り付ける際に追加で工事が必要になるなど、状況によって取付工事の時間が延びるケースがあるので、注意する必要があります。実際にエアコン取付工事の時間が延びるケースや、注意点などを詳しくお伝えいたします。

エアコンを新設する

エアコンを新設する場合、部屋に配管を通す穴があれば問題ないですが、配管を通す穴がない場合は、穴をあける工事が必要になります。その際に壁の状態、建物が木造か鉄筋かによって工事の時間が変わります。エアコンを取り付けたい部屋に、配管を通す穴があるかチェックしておきましょう。

追加工事が発生する

配管と同じで、当日に追加で工事が発生すると、作業時間が延びることがあります。追加工事が必要なケースを紹介します。

エアコン用コンセントを開設する場合

エアコンを取り付ける時、一般的なコンセントではなく、エアコン専用のコンセントが必要になります。一般的なコンセントに挿してしまうと、ブレーカーが落ちたり、火災の原因になります。部屋にエアコン専用のコンセントがない場合は、増設工事が必要になります。

エアコン用コンセントの電圧を変更する場合

エアコンを取り付ける時、部屋の広さによってコンセントの電圧を変える必要があります。広い部屋になると、それだけエアコンのパワーが必要になり、コンセントもそれに合わせて電圧を変える必要が出てきます。

化粧カバーを取り付ける場合

エアコンを取り付ける時、配管が露出してしまうため、見栄えが悪くなってしまいます。その場合、配管部分に化粧カバーをかぶせることで、見栄えをよくする工事です。

一般の工事費用に含まれていないため、取り付ける時は追加で工事費用も必要になります。必ずしも行わなければならない工事ではないため、配管が出ている状態が気になるという場合は、工事をお願いすると良いでしょう。

エアコンの配管を延長する場合

エアコンと室外機が離れていると、配管を延長する必要が出てきます。2階にエアコンを取り付ける時、室外機を1階に置いた場合は、それだけ配管を伸ばす必要があるので、追加で工事が必要になります。一般的に、配管を4m以上伸ばす必要がある場合は、工事が必要になると思っていた方が良いでしょう。

エアコンの方が特殊

取り付ける予定のエアコンが、一般家庭で使われるタイプのエアコンと違っている場合は、取付方法が変わってくる可能性があります。業者によっては特殊なタイプのエアコンは取付できない場合があります。

一般家庭では、特殊なエアコンを取り付けることはあまりないと思いますが、取り付ける際は、業者が対応しているかどうか事前に確かめておきましょう。

エアコン取付工事を依頼する前に確認するポイント

エアコン取付工事を依頼する前に確認するポイント

工事をお願いする時は、ネットで簡単に依頼できるようになりましたが、事前のチェックを怠ってしまうと、工事が上手く進まなかったり、費用が掛かってしまうことがあります。エアコン取付工事を依頼する前に、確認するポイントを紹介していきたいと思います。

夏場は避ける

夏場はエアコンを使用する家庭が多くなっていきます。エアコンを購入する人が増え、エアコン取付の工事を依頼する人も多くなってくるでしょう。そうなるとなかなか予約が取れなかったりするので、夏場は避けるようにしましょう。

環境を整備しておく

「取り付けたい部屋には追加で工事が必要か」「2階にエアコンを設置する場合は、室外機をどこに設置するか」などを事前に確認しておきましょう。化粧カバーを取り付けるかによって値段も変わってくるので、追加工事が発生する注意点を参考に、業者に確認すると良いでしょう。

管理会社に連絡する

賃貸の場合、勝手にエアコンを取り付けるのはNGとされています。取り付ける場合は、大家さんか管理会社に連絡する必要があります。無断で設置してしまうとトラブルが発生しますので、賃貸を利用している方は事前に連絡しておきましょう。

まとめ

まとめ

エアコンを取り付ける時は、通常であれば1時間~2時間程で工事が終了します。しかし、追加で工事をする場合は作業時間が長くなるので、工事が必要かどうか事前に確認すると良いでしょう。実際に依頼する時もエアコンを使用するシーズンを避け、スケジュールに余裕を持って依頼をしておきたいですね。

弊社、街の修理屋さんではエアコン取付の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコン取付は、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ