エアコンのフィンが折れたら瞬間接着剤で修理可能【手順も解説する】

「エアコン掃除をしていたら、ファンが折れてしまった。このまま使い続けていいのか、修理に出した方がいいのか、知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンの部品が折れると、きちんと使用できるのか不安ですよね。気にせず使っていて、後から故障したら嫌ですし、、

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのファンが折れたら異音がする
  • エアコンのフィンが折れたら瞬間接着剤を使う

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンのファンが折れたら振動がする

エアコンのファンが折れたら振動がする

エアコンを使用していて、ガタガタという音が聞こえることがあります。これは、エアコン自体が振動している音です。なぜこのような音が聞こえるのかというと、エアコンの中のファンが折れてしまっているためです。

本来の折れていない状態のファンだと、ファンのバランスが保てているため、振動音が聞こえることはありません。しかし、ファンが折れてしまうと、風量のバランスが崩れ、回転が不安定な状態となるため、運動時に振動が発生してしまいます。

この振動によって、エアコン全体がガタガタ揺れるので、騒音の原因になっているというわけです。 このガタガタという振動音は、近隣住民の迷惑になる程大きなものではありません。

しかし、テレビの音が聞こえにくい、作業に集中できない、エアコンの効きが悪くなってしまい室内が涼しくならない(暖まらない)など、日常生活に支障が出てくる可能性があるので、早めに対処した方がいいでしょう。

エアコンのフィンが折れたら瞬間接着剤を使う

エアコンのフィンが折れたら瞬間接着剤を使う

エアコンのファンが折れてしまった場合、様々な対処法がありますが、最も手っ取り早いのが、瞬間接着剤を使って折れた部分をくっつけることです。

異音が聞こえたらエアコンを止め、コンセントを抜いた状態でカバーを開き、折れたファンを見つけてください。そして、接着剤をつけてくっつけ、接着剤が固まるまで待ちます。修理自体はこれで完了です。

瞬間接着剤であれば、自宅にあるもしくはすぐに買いに行けるので、振動音が聞こえるようになった日のうちに対応可能です。ファンの折れ具合にもよりますが、瞬間接着剤のみで直る可能性もあるので、試してみてください。

ただし、この方法を行うには、折れたファンが見つからなければいけません。細かく割れてしまっていてくっつけられない、といった事態に陥るケースもあるので注意してください。異音を感じたら、すぐにエアコンを止めるようにしましょう。

エアコンのフィンの修理はエアコン業者に依頼すべき

エアコンのフィンの修理はエアコン業者に依頼すべき

折れてしまったエアコンのファンを瞬間接着剤でくっつける方法は、手っ取り早くて便利なのですが、正式な修理方法ではありません。あくまでも応急処置として行なっているだけなので、しばらくすると再びファンが壊れ、異音が発生する可能性があります。

そのため、しっかりとファンを修理したいのであれば、エアコンの専門業者に修理を依頼するしかありません。業者であれば、ファンの取り替えなどを行なってくれるので、修理後は完全に安全な状態でエアコンを使用することができます。

エアコンの修理に関しては、「街の修理屋さん」でも依頼を受けており、5,000円から承っているので、ファンの破損をはじめとした各種エアコントラブルの際は、ぜひ利用を検討してみてください。

コストこそかかりますが、時間も手間もかけずに修理ができることを考慮すると、コストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。

エアコンのクリーニングもエアコン業者に依頼できる

エアコンクリーニングもエアコン業者に依頼できる

エアコンのファンが折れる原因は、経年劣化など様々です。しかし、最も多いと考えられるのが、所有者が自分でエアコンのクリーニングをしようとした際に、誤って折ってしまうというものです。

エアコンはカバーを外して、フィルターとフラップを外すなど、手間はかかりますが、自力で掃除をすること自体は不可能ではありません。そのような背景もあり、少しでも出費を抑えるために業者を利用せず自分で掃除する人が、多いのが実情です。

しかし、破損の可能性があるほか、一度取り外したパーツをもとに戻せなくなる、といった事態に陥る恐れもあります。 そのため、特別な事情がない限りは、基本的にエアコンの掃除もエアコン業者に依頼するようにしましょう。

エアコンの掃除に関しても、「街の修理屋さん」で依頼を受けており、3,000円から承っているので、ぜひ検討してみてください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す