トイレのスイッチが故障した原因と交換する際のポイントを紹介!

お手洗いへ入ろうと思ったら、突然電気がつかなくなってしまった。電球は交換してみたのに相変わらず点灯しない……。あるいは換気扇を回そうと思ったのに、なぜか反応しなくなってしまった……などの症状が起きて困っている人はいませんか?

しかし、下記のように考えるのは少し待ってください。
「夜間は間接照明を置けばいいや」
「換気扇が回らないならば窓を開けて換気すればいいよね」
たかがスイッチと思っていると、故障を放置しておくと、思わぬ漏電や事故に繋がってしまう可能性もあります。

実はトイレのスイッチが効かなくなるのには、いくつか考えられる原因があることをご存知でしょうか。
そこでこの記事では、トイレのスイッチが故障してしまう主な原因や、リーズナブルに交換するためのコツなどをご紹介します。
それでは順番に見ていきましょう。

トイレスイッチの故障の原因

はじめに、トイレのスイッチが故障してしまう主な原因を2つご紹介します。
どちらも特殊なケースというわけではなく、どのような家庭やオフィスでも起こりうることなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スイッチ破損や陥没

1つ目の原因は、スイッチカバーの破損や陥没です。

トイレスイッチの寿命は10年程度と言われており、定期的な交換が必要なことをご存知でしょうか。

強く押し続けたり、反応の悪くなったスイッチのON・OFFを無理矢理切り替え続けたりすると、不具合も起きやすくなってしまいます。

中の配線の問題

スイッチは、私たちの見えない壁のなかや天井裏で、照明や換気扇とつながっています。2つ目の原因として、それらの配線になにかしらのトラブルが起きていると考えられます。

基本的に内部の配線トラブルは、知識や経験のない者が触るのは危険なため推奨されていません。そのため、配線トラブルが考えられる場合は、すみやかに業者に連絡することをおすすめします。

配線トラブルが起きる原因には、工事の干渉やネズミなどの小動物、経年劣化などが挙げられます。

故障したスイッチは自分で直せる?

どうやらスイッチが故障してしまったみたいで、修理が必要なようだ……。そんなとき、一番に考えることは、やはり自力で直せるのか、直してもよいのかという点ではないでしょうか。

資格を持った人にしかできない

原則として、スイッチの修理や交換は自力で行ってはいけません。というのも、スイッチの交換には「電気工事士」と呼ばれる資格が必要なのです。スイッチの交換をするためだけに資格を取るのは、逆に費用がかさんでしまいますし、時間もかかります。そのためスイッチを丸ごと交換する場合は専門の業者に頼んでしまったほうが、結果的にお得になるでしょう。

無資格で行った場合には

先ほど、電気系統の工事や修理には「電気工事士」の資格が必要だと記しました。万が一、無資格の者が作業をした場合、法令違反となり罰則や罰金の対象になります。安全面でも、知識不足によるトラブルや発火、感電などのリスクが伴いますので、無理に作業するのはやめましょう。

故障したトイレスイッチを安く交換するポイント

自分でできない修理とはいえ、できるかぎり費用は安く済ませたいものですよね。
ここでは故障したトイレのスイッチを、できるかぎり安く交換するための3つのポイントをご紹介します。

スイッチの本体をホームセンターなどで購入する

1つ目のポイントは、スイッチの本体をあらかじめ購入しておくことです。スイッチはホームセンターや通販などで誰でも簡単に購入できますよ。
ひとくちで「スイッチ」といっても、実は種類はさまざまです。修理を依頼する業者からも購入できますが、費用を抑えたいのであれば、自分で購入するのもよいでしょう。
どれを選べばよいかわからない場合は、業者と相談して決めると失敗する確率がグッと下がります。

配線距離の検討と既存の配線の利用

2つ目のポイントは、配線距離をよく検討し、可能であれば既存の配線を利用することです。電気配線工事は、作業の難しさや手間によって工事費が変動します。そのため、既存の配線を利用できれば、費用も抑えられるのです。業者によっては、工事前調査を依頼することもできるので、そのときに配線経路を確認してみましょう。

業者ごとの料金を比較する

3つ目のポイントは、相見積もりをとるなどして、業者ごとの料金をよく比較することです。業者によって、修理費用や諸費用(部品代や処分費)の価格は変わります。また各業者の相談対応を見ることで、その業者に安心して修理を任せられるかを判断する材料にもなりますよね。
そのほかの注意点として、見積もりをとるときは、必ず「電気工事士」の資格を持った作業員が在籍する専門業者を選びましょう。

故障したトイレスイッチを直したいなら

トイレのスイッチが故障してしまったときは、自力で直したり放置したりせず、その道のプロに相談しましょう。業者にもよりますが、スイッチの修理費用相場は5,000円前後となっています。

まずは業者に相談しましょう!

街の修理屋さんでは、故障してしまったトイレスイッチの修理・交換作業をお受けしております。街の修理屋さんでは、資格を持った経験豊富なスタッフが全国各地の拠点で待機しているため、いつでも対応可能です。

「トイレのスイッチが壊れたので、今日私の仕事が終わってから直しに来てほしい」
「子どもが怖がってしまうので、夜までに直したい」
このようにお急ぎの方も、まずはメールや電話から、無料の相談・見積もりをご利用くださいね。お待ちしております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ