【ダクト・ライティングレールの取り付け】取り付け方や照明の種類について解説

照明で部屋をおしゃれにする方法としてダクトレールを取り付けることが、最近では人気です。

レール上であれば好きな位置に照明を取り付けたり、移動することができるので、気分や部屋のレイアウトによって簡単に照明デザインを変えることができます。

今回は、そんな照明ダクトレールについてや、その取り付けについて紹介します。

ダクトレールとは

天井の取り付けられた白いダクトレールと照明
ダクトレール

そもそも、ダクトレールとはどういったものなのでしょうか。

ダクトレール、またはライティングレールは、名前にある通りレール型の照明器具です。

このレールに好きな照明を取り付けることができ、個数や照明の向きなども自由に決められます。
取り付けられる照明としては、スポットライトの場合が多く、気分や部屋の雰囲気によって光を当てる場所を変えることができます。

ダクトレールを部屋に取り付けるポイント

それでは、ダクトレールを家、部屋に取り付けることのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

照明を簡単に取り付け、交換できる

ダクトレールは、レール部分の内部に電流が流れているので、レール上ならどこでも照明を取り付けることができます。

また、その取り付け方も非常に簡単ですので、スポットライトやペンダントライトなどを気分によって変えたりすることもできます。

部屋の空間演出が簡単にできる

照明自体の取り付けや、取り付けられる照明の幅も広がることから、部屋の照明による空間演出が簡単にできます。

例えば、近年注目されている間接照明なども、スポットライトを用いて部屋を自分好みの雰囲気に演出できます。

インテリアとしても楽しめる

ダクトレールは、照明を吊り下げて取り付ける形となるため、その見た目からインテリア、家具としても楽しむことができます。

また、記事の後半で紹介しますが、照明以外のものも吊り下げることができるので、さまざまな活用法も思いのままです。

ダクトレールの取り付け方法の種類

ダクトレールには、本体の取り付け方に種類があります。

それぞれの特徴や、取り付け方を紹介します。

簡易式ダクトレール

簡易式ダクトレールとは、天井に付いている「引っ掛けシーリング」や「ローゼット」などの照明器具に取り付けるタイプのものです。

この引掛けシーリングとローゼットとは、主に照明自体を取り付ける際の電源としての役割と、照明や照明を取り付ける器具 (照明器具) を支える固定器具としての役割などがあります。

天井に取り付けられたローゼット
ローゼット

簡易式ダクトレールは、この引掛けシーリングやローゼットに取り付けることができます。

また、天井などに穴を開けて設置する必要がないので、天井にこうした照明器具があれば、賃貸物件などでも問題なく取り付けることができ、特別な設置工事や電気工事の必要もありません。

上記のような利点も多いですが、後述する直付けダクトレール (埋め込みダクトレール) のように吊るす側 (シーリングやローゼット) の強度があまり強くないため、吊るすことができる照明の重さは制限されてしまいます。

直付け・埋め込み式ダクトレール

直付けダクトレール、または埋め込み式ダクトレールは、天井に直接取り付ける形のダクトレールです。

簡易式ダクトレールなどに比べて本格的なものとなっており、取り付けには電気工事などが必要になります。

しかし、天井に直接、または埋め込む形で設置するため、簡易式のものより強度があります。
そのため、吊るすことができる照明の種類、レール自体の長さや本数なども取り付けの幅が広がります。

一般的に新築時やリフォーム、リノベーション時に設置されることが多く、後付けで設置する場合は、前述した通り設置作業にプラスで電気配線を通す電気工事が必要になります。

コンセント式ダクトレール

上記2つのダクトレールは、電源を照明器具や電気配線を使用するのに対して、このコンセント式ダクトレールは名前の通り、コンセントプラグから電源を取るタイプのダクトレールです。

天井にはネジなどで固定して、電源はコンセントから取るので、照明器具の設置の有無や電気工事の必要もありません。

コンセントの位置や天井の下地、また、天井に穴を開ける施工が必要になるため、自由度は少し低めです。

ダクトレールに取り付ける照明

ダクトレールにはどんな照明が取り付けられるのでしょうか。

実は、ダクトレールに取り付けできる照明は基本的に2種類のみになっています。

種類が2つだと、少ないと思われるかもしれません。
しかし、ダクトレールには複数の照明が取り付けられるので、多灯照明として活用できます。

ペンダントライト

ダクトレールとペンダントライト

ペンダントライトは、おしゃれ照明の代名詞とも呼べる照明の種類です。

「ペンダント」と名前にある通り、コードやチェーンで吊り下げる照明です。

そのため、部屋全体を照らす一般的なシーリングライトなどよりも、光が届く範囲が狭くなります。
照明と直下にあるものの距離がとても近く、強い光で部屋の1角を照らすことになるので、明暗、コントラストがはっきりとする演出ができます。

また、天井やダクトレールから吊るしてあるシルエット自体も、部屋のシーリングライトなどと違い、照明インテリアとしての存在感も際立ちます。

スポットライト

スポットライトとダクトレール

スポットライトは、一般的な用途としては、「1点を照らす」ために用いられるイメージです。

ですが、最近では照明による空間演出の一環として、「間接照明」としてのスポットライトの活用が注目されています。

スポットライトで部屋を直接照らして明るくするのではなく、壁や天井などに光を当てることで、部屋をやわらかい印象にすることができます。

また、スポットライト本来の用途としても、部分的に部屋の明るさを調節する際に役立ちます。
ダクトレールに取り付ける際には、間接照明としてのスポットライトも楽しんでみてはいかがでしょう。

取り付けの際の注意点

ここまで、ダクトレールの取り付け方法や、ダクトレールに取り付ける照明について紹介しました。

ここからは、ダクトレールの取り付け、また、ダクトレールに照明を取り付ける際に注意しておきたい点をいくつか解説します。

耐荷重

まず、気をつけなければならない点として耐荷重、ダクトレール自体の重さや吊るす照明の重さが挙げられます。

ダクトレール本体を簡易式で取り付ける際などは、取り付けるシーリングやローゼットの耐荷重を確認しましょう。

シーリングとローゼットはそれぞれ、

  • シーリング = 5kgまで
  • ローゼット = 10kgまで

と、耐荷重が定められています。

また、直接、または埋め込んで天井にダクトレールを取り付ける際にも、ダクトレールにも耐荷重があることを忘れてはいけません。

ダクトレールは、種類によって耐荷重は異なりますが、

  • 5kg
  • 10kg
  • 20kg

といった重さが一般的です。

最大ワット数

照明を複数取り付けて、多灯照明を実現したいと思う方が多いかと思いますが、やはり際限なく取り付けることができるわけではありません。

ダクトレールには最大ワット数という、使用できる電力の上限があります。
一般的には、600W、800W、1500Wのものがあります。

例えば、800Wの最大ワット数のダクトレールに設置する照明電球が100Wだとすると、取り付けられる数は8個までとなります。

この最大ワット数を無視して照明を取り付けると、ショートしたり、故障の原因にもなります。
ダクトレールを購入、設置される際には、予めダクトレールの最大ワット数を確認しておきましょう。

照明だけじゃない! ダクトレールの活用法

ダクトレールは本来、照明を取り付けるためのものですが、実は、照明以外にも取り付けることができるものがあります。

例えば、

  • フック
  • ハンギングシェルフ
  • スピーカー

などが挙げられます。

フック

フックをダクトレールに取り付けることによって、そこにロープなどで観葉植物を飾ったオブジェを吊るすことができます。

インテリアを楽しみたい人には照明にプラスして、こうした工夫も凝らせることができるので、楽しみ甲斐があると思います。

ハンギングシェルフ

ハンギングシェルフとは吊り棚のことで、本来は天井に直接取り付けて吊るすインテリアです。

天井に取り付けるのは中々大変な作業ですが、ダクトレール用のものであれば簡単に取り付けることができます。

スピーカー

実は、スピーカーを取り付けることもできます。

照明器具とスピーカーが一体化したものを取り付けることによって、音が上から聴こえてくるので、普段は体感できない臨場感や立体感を味わえます。

ダクトレールの取り付けは街の修理屋さんにお任せください!

弊社で取り付けを行ったダクトレールと照明

弊社、「街の修理屋さん」では、ダクトレールをはじめとした、さまざまな照明器具の取り付けに対応しております。

また、照明器具の故障修理や、交換作業なども行っております。

「おしゃれな照明器具を取り付けて部屋をデザインしたい」「照明器具が故障してしまった」といった際は、ぜひご連絡ください。

下記のボタンより、弊社のダクトレール取り付けサービスの詳細がご確認いただけます。
こちらもぜひご確認ください。

街の修理屋さんでは、本記事以外にも部屋をおしゃれに演出する照明についての記事を紹介しております。

詳しくは、下記のリンクからご確認ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す