カラス撃退! カラスの生態に合わせた効果抜群の対策を解説します

自宅やゴミ置き場にカラスが居ついてしまうと、ゴミが荒らされたり、フンで汚れてしまったり……。こんなとき、どのようにカラスを撃退すればよいかご存じでしょうか?

「撃退しようとしても、カラスに威嚇や攻撃をされてしまうのではないか?」と不安に思う方もいるでしょう。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • カラスの生態について
  • カラスの撃退方法と予防策

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、トラブル解決に役立ててくださいね。

カラスを撃退する前に!

カラスは頭の良い鳥ですので、そう簡単には撃退できません。効果的に撃退するためには、カラスの生態や特徴について知っておく必要があります。

カラスの生態について

カラスは記憶力が良いうえに、学習能力が高く賢い生き物です。また、視力が良いのですが、強い光が苦手という一面もあります。

さらに、食いしん坊の割に鼻が利かない、警戒心が強いため大きな音が苦手、といった弱点もあります。カラスを撃退する際は、このようなカラスの弱点を利用すると良いでしょう。

実際に起きているカラスの問題

人間の近くで暮らしているカラスは、生ゴミをエサとしています。そのため、ゴミ袋に入っている生ゴミを取り出そうとして、ゴミ置き場を荒らしてしまいます。家庭菜園や畑がある場合は、作物が狙われてしまうこともあります。

また、自宅のすぐ傍にカラスが住み着いてしまうと「鳴き声がうるさい」「羽やフンで汚れる」などの問題も起こります。無闇に追い払おうとしても、威嚇や攻撃をされる危険性もあります。

さらに、電柱にカラスの巣が作られてしまった場合は、停電が起こることも。

このような被害に遭わないために、カラスの撃退や予防方法を知っておきましょう。

カラスの撃退方法って?

自力でできるカラスの撃退方法としては、大きく分けて下記の4つの方法が挙げられます。

  • ゴミに触らせない
  • 強力な光で撃退する
  • 嫌がる音を出す
  • 目玉模様を配置する

ただし、1つの対策方法だけを続けることは避けましょう。カラスは賢い生き物ですので、同じ対策を続けるだけでは効果が薄れていきます。

定期的に対策方法を変えたり、状況に応じて改良したりすることが大切です。

ゴミに触らせない

まずは、ゴミ置き場やベランダなどに置かれたゴミにカラスが近づいたり、触ったりしないように対策をしましょう。

カラス除けネットを使う

網目が細かいカラス除けネットで、ゴミの周囲を覆っておけば、カラスの侵入を物理的に防ぐことができます。

ただし、ネットに忌避剤を使用しているものもあるため注意が必要です。アレルギー体質の方や皮膚が弱い方など、不安がある方は事前に取扱説明書をよく読んでおきましょう。

ゴミやゴミ袋の扱いに気を付ける

ゴミ袋に生ゴミを入れる際は、新聞紙や広告などで生ごみを包みましょう。袋の外側から生ゴミが見えない状態にすれば、カラスに気づかれにくくなります。

また、ゴミ袋は二重にしておくとよいでしょう。二重にするほうが袋が破れにくいですし、液漏れを防ぐこともできます。

ゴミに撃退用のスプレーをかけておく

カラス撃退用のスプレーを使用することも効果的です。撃退用スプレーにはカラスが嫌がる辛味成分が含まれているため、定期的に使用すればカラスが寄りつかなくなります。

ただし、小さなお子様やペットの近くで使用しないようにしましょう。子供やペットの手の届かない場所に保管するなど、取り扱いに注意が必要です。

強力な光で撃退する

カラスは強い光が苦手ですので、光で撃退する方法も試してみましょう。CDを吊るしたり、キラキラしたテープを張り巡らせれば、太陽の光を反射して、ギラギラと光らせることができます。

また、鳥除け専用のフィルムやテープ、フラッシュライトなども市販されています。製品によってさまざまな形状やサイズがありますので、複数のタイプを購入し、定期的に付け替えるようにすると良いでしょう。

嫌がる音を出す

超音波発生装置(カラスが嫌いな周波数の音を発生する装置)を利用してカラスを撃退することもよいでしょう。

装置は、下記のようにさまざまなタイプのものがあります。

  • 大きな音で驚かすタイプ
  • 猛禽類など、カラスの天敵の威嚇音を出すタイプ
  • 音と光を同時に出すタイプ

ただし、大きな音を出す装置を使用すると、近隣の住民の迷惑になってしまうこともあります。設置する場所や音量には気を付けてください。

また、同じ音を出し続けていると、カラスが慣れてしまい効果が薄れる可能性があります。音のパターンが多い製品を使用するか、効果が薄れてきたら別の音を出す装置に付け替えるとよいでしょう。

目玉模様を配置する

目玉模様は、カラスの天敵である猛禽類を連想させるため、配置すればカラスが近寄りにくくなります。

カラスに近づいてほしくない場所に目玉模様のテープやステッカーを取り付けるだけなので、簡単に試すことができます。キラキラ光るタイプや、音が鳴るタイプなど、光と音の効果も合わせた対策グッズも数多く市販されています。

ここまでご紹介したように、カラス対策グッズはさまざまなタイプのものが販売されています。1つのグッズを使い続けても効果が薄れてしまう可能性が高いため、複数のグッズを使い分けてみてください。

カラスを撃退したら予防しよう

一度カラスを撃退できたとしても、予防をしなければ、またすぐにカラスが戻ってきてしまいます。そこで、撃退をしたあとは、カラスが集まりにくい環境を作ることが大切です。

ゴミを長時間放置しない

カラスのエサや巣の材料となるゴミが長時間放置されていれば、それだけカラスに荒らされる可能性が高くなります。なるべく屋外にゴミを放置しないように気を付けてください。

また、ゴミの収集時間よりもかなり早い時間(早朝や前日の夜など)にゴミを出すことも、長時間の放置になってしまいます。

どうしても長時間放置せざるを得ない場合は、カラス撃退用のスプレーをかける、カラス除けネットをかけておく、などの対策を施すようにしましょう。

エサの隠し場所を作らない

カラスには、「貯食」という習性があります。貯食とは、余った食べ物を一時的に隠しておき、あとで取り出して食べるという習性です。

本来は石の下や木の穴などに隠すのですが、人間に近い場所で暮らすカラスは、エアコンの室外機の影や、建物の隙間などに食べ物を隠すこともあります。

隠し場所になりそうな場所を見つけたら、隙間を埋めておくか、カラス除けのグッズを使って予防をしておきましょう。

生ゴミを減らす努力をする

ゴミ置き場などに生ゴミがたくさんあると、それだけエサが豊富な場所だとカラスに判断され、カラスが居ついてしまいます。

そのため、下記のように生ゴミをできるだけ減らす工夫をしましょう。

  • 調理する際は、野菜の芯や皮をなるべく使い切る
  • 余った食材は捨てるのではなく、冷凍保存をする
  • 使い切れる量(小分けになっている物など)の食材を購入する

ただ、どんなに努力しても生ゴミは出るものですので、生ゴミ処理機を使うこともよいでしょう。ゴミを分解して量を減らしたり、肥料としてリサイクルしたりすることができます。

エサやりをしない

当然ですが、カラスにエサやりをすれば、エサ目的でカラスが集まるようになってしまいます。カラスが集まると、ゴミが荒らされたり、人間に威嚇や攻撃をしたり、フンで汚れたり、といった問題が引き起こされます。

また、人間からエサをもらうことで、カラスが人間を恐れなくなってしまいます。すると、カラスを追い払おうとしても逃げてくれず、撃退が難しくなる可能性が高くなります。

このような被害に遭わないために、カラスには絶対にエサを与えないようにしましょう。

カラスの撃退はプロにお願いしよう!

ここまで、カラスの撃退方法や予防策についてご説明しました。

しかし、撃退グッズを使っても、「危険なものではない」とカラスに判断されてしまったら、効果がなくなってしまいます。

もし一時的に撃退できたとしても、時間が経てばまた戻ってきてしまうこともあるため、カラスの撃退は難しいものです。

カラスの撃退が自分には難しい場合

自分でカラスの撃退をするのが難しい場合は、プロにお願いしましょう。プロに依頼すれば、カラスに威嚇や攻撃をされる心配なく、安全で確実に撃退してもらうことができます。

街の修理屋さんでもご依頼を承っていますので、お困りの際はご相談ください。

街の修理屋さんは全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す