アナグマ駆除方法5選!よく似た動物との見分け方も教えます

自宅の周りで動物の気配を感じたことはありませんか?他にも、「畑で育てた野菜が食べられていた!」という経験がある方もおられるでしょう。

実は、人が生活している周辺には、野生の動物も生息しています。その中でも、被害に遭う可能性が高く、見分けることが難しい動物がいます。

  • タヌキ
  • アナグマ
  • アライグマ
  • ハクビシン

今回は、この中の『アナグマ』について説明していきます。さらに、それぞれの特徴を覚えておくと、ある程度は見分けることができるようになります。

また、生態を知っておくことで、自宅や畑に近付かないように対策をすることも可能です。

この記事では、アナグマの生態や駆除方法について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アナグマの生態について

アナグマとは、昔から本州・四国・九州の里山に生息する、タヌキに似ている動物です。日本に生息しているのは、『ニホンアナグマ』の1種類のみとなります。

タヌキとアナグマは、あわせて「ムジナ」と呼ばれていることもあり、現在でも地域ごとに呼び方が異なるため注意しましょう。

アナグマという名前の通り、地中に穴を掘って巣を作ります。巣には出入り口が複数あり、家族で生活していることもあります。また、アナグマが使わなくなった巣を、他の動物たちが使うこともあります。

穴を掘ることは得意ですが、木に登ることはできません。基本的に夜行性で、昼間は巣の中にいることが多いです。

また、寒い地域では12月〜4月頃まで冬眠(浅い眠り)しますが、暖かい地域では冬でも活動することがあります。

アナグマの特徴

続いて、アナグマの特徴を簡単に説明します。

  • 体長:50〜70cm程度
  • 目の上下に黒い模様がある
  • 色:灰色や黒が混ざった茶色
  • 手・足・腹部は黒い
  • 手足は太くて短い

アナグマの寿命は、約10〜15年と言われており、基本的に何でも食べます。

  • 地中にいる虫・昆虫
  • カエル・トカゲなどの小動物
  • いちご・スイカなどの果物

そのため、近くにアナグマが生息していると、農作物が食べられたり、畑を掘り起こされたりする被害に悩まされます。

アナグマと似ている動物との違い

ここからは、アナグマと似ている動物について、もう少し詳しく見ていきます。ただ、どれも個体差があるため、判断が難しい場合もあります。

また、どの動物も大きさや色が似ていて、基本的に夜行性のため、見分けられるポイントを覚えておきましょう。

タヌキ

タヌキは、北海道に生息する「エゾタヌキ」と、本州・四国・九州に生息する「ホンドタヌキ」の2種類がいます。

タヌキは、道路に飛び出して交通事故に遭うことが多いため、「動物注意」の標識の図として使われています。

アナグマと見分けるための、タヌキの特徴をまとめてみました。

  • 目の高さから頬にかけて、横に広がる黒い模様がある
  • 肩から前足にかけて黒い
  • 尾の周りに黒い毛が生えている

タヌキは木登りが苦手なため、アナグマと同じようなものを食べています。

アライグマ

アライグマは、タヌキとよく似ていますが外来種で、現在では全国的に生息しています。手先が器用なため、木に登ることができます。

見た目のかわいい印象とは異なり、気性が荒く感染症を媒介するので、もし見かけたとしても近付かないでください。

アナグマと見分けるための、アライグマの特徴をまとめてみました。

  • 目の周りの黒い模様が横に繋がっている
  • 尾に縞模様がある
  • 手足が白い

アライグマは特定外来生物に指定されており、自治体などで個体数が増えないような対策を行っています。

ハクビシン

ハクビシンはネコのような体型をしていて、木に登ることが得意なため、果物や野菜を好んで食べています。また、住宅の屋根裏に住み着くこともあります。

日本では、北海道から九州まで断続的に生息が確認されています。ちなみに、在来種と外来種のどちらであるかは確定していません。

アナグマと見分けるための、ハクビシンの特徴をまとめてみました。

  • 頭から鼻先まで白い線のような模様がある
  • 鼻がピンク色
  • 尾が細長い

ハクビシンについては、別の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アナグマを駆除する方法

まず、アナグマを見つけたとしても、自分で捕まえてはいけません。なぜなら、『鳥獣保護法』によって禁止されているからです。

アナグマを捕まえたり、駆除するためには『狩猟免許』と『自治体への手続き』が必要です。さらに、地域・期間・方法なども定められており、自治体によってもルールが違います。

つまり、自分でアナグマ対策をするなら、『侵入させないようにする』しか方法がないということです。

そこで、誰でもできるアナグマ対策を5つご紹介します。

侵入防止柵

アナグマが侵入できないように、ワイヤーメッシュやトタン板などで囲う方法です。網を使う場合は、動物が通り抜けられない大きさのものを選びます。

また、穴を掘っても通れないように、30cm程度は地面に埋め込んでおきましょう。なお、柵の高さが50cm程度だと、乗り越えられてしまう可能性があります。

電気柵

侵入を防ぐための柵に電気を流す方法です。対象の動物の大きさに合わせて、電線の高さを調節します。

電気柵を使う場合は設備を用意する他に、使い方やルールを確認してください。また、定期的な点検やメンテナンスも必要になります。

アナグマ対策で低い位置に設置する場合、草が電線に触れると漏電するので、しっかり除草してください。

忌避剤(きひざい)

忌避剤とは、対象の動物が嫌いな匂いを使って、近付かないようにするもので、さまざまなタイプがあります。

アナグマ用の駆除剤では、天敵であるオオカミの尿を使ったものがあります。使い方は、小さな容器に小分けにして、吊るしておくだけです。

音や光が出る装置

動物の動きをセンサーが感知すると、さまざまな方法で撃退する装置を設置する方法です。

  • 威嚇音
  • ライトの点滅
  • 高周波

ソーラーパネルで充電できるタイプなら、地面に刺すだけで設置できます。ただ、センサーが動物の動きを感知しなければいけないため、対策できる範囲は限られてしまいます。

エサを置かない

主に、自宅の周りに有効な対策です。野菜や果物、生ゴミなどはアナグマを寄せ付ける原因になってしまうため、外に置かないように気を付けましょう。

また、屋外にゴミ箱を置いておく場合は、開けられないようにフタ付きのものを選びましょう。

アナグマ対策が難しい場合は専門業者に依頼しよう

ここまで、アナグマの生態や駆除方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

基本的に、野生の動物を捕まえることは『鳥獣保護法』で禁止されています。ですから、自分でアナグマ対策をするには、侵入させない方法を選ぶしかありません。

アナグマの侵入を確実に防ぐなら、しっかりと柵で囲う方法がおすすめですが、自宅や畑の周りに設置するのは大変です。そんな時は、害虫駆除の専門業者にアナグマ対策を依頼しましょう。

『街の修理屋さん』では、害虫(害獣)駆除を7,700円~で承っており、対策後はきれいに清掃除菌もいたします。

【お見積もり】は無料で行いますので、野生動物にお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す