エアコンのルーバーの取り外し方を紹介【しならせるだけで簡単】

「エアコンのルーバーを外したいけれど、方法が分からない。具体的な外し方を知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンのルーバーは、フィルターなどと比べると、馴染みがないですよね。よく分からない状態で作業すると、壊れてしまいそうで不安ですし、、

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのルーバーの取り外し方
  • エアコンのルーバーの取り付け方

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの取り外しに役立ててくださいね。

エアコンのルーバーの取り外し方

エアコンのルーバーの取り外し方

まず前提として、エアコンの電源コンセントは作業前に、抜いておきましょう。作業中に誤作動を起こして故障したり、ケガにつながってしまっては大変です。また、誤作動だけでなくお子さんがリモコンを押してしまうことも、考えられるので、コンセントは外しておくことをおすすめします。

コンセントを抜いたら早速ルーバーの取り外しを行っていきますが、ルーバーは端から外そうとしても、なかなか外すことができません。これはルーバーがエアコンの稼働中に何度も動く部品であり、簡単に外れないように両端だけでなく、中央にも留め具が付いているためです。

そのため、ルーバーを外す際にはルーバーを手で開いて、中央のはめ込み部分の爪を外すことから始めます。その後は全体をしならせながら、左側を抜き取りましょう。ルーバーの右側は抜き取り角度が決まっているため、少しずつ動かしながら抜き取れる場所を探ってみてください。

ルーバーの抜き取りは工具を使わずに行えますが、力加減を間違えるとケガや故障につながるので、慎重に抜き取る必要があります。ルーバーが壊れてしまった場合は、業者に連絡したほうがいいでしょう。

ルーバーが複数ある場合でも、同様のやり方で取り外し可能です。ただし、もし少しやってみて「ちょっと取り外しはできそうにないかも…」と感じたら、無理はしないほうが無難です。

エアコンのルーバーの取り付け方

エアコンのルーバーの取り付け方

ルーバーの修理が済んだ、もしくは新しいルーバーを購入したら、今度はエアコンにルーバーを取り付けていきます。エアコンのフロント部分両端にルーバーをはめた後、中央の留め具に取り付けていきましょう。

外した時とは逆の手順なので、それほど複雑に考える必要はありません。ただし、ルーバーを取り付けた後にはエアコンの動作確認を行い、ルーバーの取り付けに問題がないかを確認することが大切です。

ルーバーの取り外し、取り付けを行った前後で、異常がないか確認しないで使い続ければ、最悪の場合故障につながってしまう可能性もあります。

「エアコンを起動した際にルーバーが開くか」「エアコンを止めた際にルーバーが閉まるか」などを確認してください。また、エアコンの動作音を聞いてみて、いつもと違いがないか確認することも大切です。

エアコンのルーバーは素人には扱いづらい

エアコンのルーバーは素人には扱いづらい

ルーバーはそれほど複雑な構造ではありませんが、先ほど紹介したように、フィルターに比べると馴染みのない部品です。慣れていない方が無理やり外そうとすると、壊れてしまう可能性もあります。

一般の方が触る場合には注意しましょう。ルーバーが壊れるだけでなく、エアコン内部を傷つけたり、自分自身がケガをしてはいけません。

エアコンのルーバーを触る際は業者に依頼すべき

エアコンのルーバーを触る際は業者に依頼すべき

ここまでご紹介した通り、ルーバーは一般の方でも取り外し、取り付けが可能な部品です。しかし無理に外そうとすると、他の部分まで壊す可能性があり、余計な修理費用がかかることもあります。

そのため、ルーバーの取り外しや交換を考えるのであれば、、初めから業者に依頼してしまった方が、手間と費用を考慮するとお得なことも多いです。業者に依頼すれば、エアコンの構造について調べたり、時間を割いて危険な作業をする必要もありません。

弊社、街の修理屋さんではエアコンのルーバー交換の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。

エアコンのルーバー交換は、13,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ