エアコンのドレンパンから水漏れする原因と対処法【掃除をすればOK】

「エアコンのドレンパンから水漏れしてしまった。このままだとエアコンが使用できないから、早く直さないと…」という方は、多いと思います。エアコンが水漏れすると、部屋がびしょ濡れになるので、使用できません。暑い夏を乗り切るためにも、早めに修理したいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのドレンパンが水漏れする原因
  • エアコンのドレンパンが水漏れした際の対処法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの取り外しに役立ててくださいね。

エアコンのドレンパンが水漏れする原因

エアコンのドレンパンが水漏れする原因

エアコンのドレンパンが水漏れする原因としてあげられるのが、ドレンパンが詰まってしまうことや、ドレンパン周辺の部品が破損していることなどです。ここでは、その原因について詳しく解説します。

結露水がドレンパンに溜まり溢れてきている

ドレンパンの水漏れの主な原因の一つが、ドレンパンの詰まりです。エアコンは、室内や屋外の空気を取り込んで室温を調整していますが、この空気中に含まれているほこりやごみなども、一緒に吸い込んでしまいます。

これらのほこりやごみはドレンパンにたまるため、そのままにしているとドレンパンが詰まってしまうでしょう。また、ドレンパンにたまる水により水垢ができることもあります。

ほこりやごみと同様に、水垢もドレンパンの詰まりを引き起こす原因となります。ドレンパンからは、ドレンホースという溜まった水を排出するホースがついていますが、ドレンパンが詰まった状態だとドレンホースにうまく水が流れません。

結果的にどんどん水が溜まり、最終的に水があふれて室内で水漏れを起こすという仕組みです。なお、ドレンパンを特に掃除することなく放置していると、詰まりによる水漏れのほかに、カビが発生したり、悪臭を放つようになったりする恐れもあるので注意してください。

エアコン内部の部品に亀裂や破損がある

先ほども触れていますが、ドレンパンに、水を排出するためにドレンホースというホースが接続されています。このドレンホースに亀裂がったり、破損があったりするために、水漏れを起こすことがあります。

新品のエアコンであれば、ドレンホースの破損による水漏れは心配無用です。しかし、長年使用している場合は経年劣化により、破損してしまう恐れがあり、破損部分から水漏れを起こす可能性があります。

エアコンの洗浄を行なった際に、洗浄用の薬品がホースに残っていることが原因で、ホースの劣化を早めてしまうケースもあります。

自然勾配を利用して排水している

決して多くはありませんが、壁にかけるタイプのエアコンなどは自然勾配を利用して、水を外に排出しています。そのため、水が外に出ていかないような勾配になっていると、逆流して室内に水が漏れてきてしまうので注意が必要です。

このような事態を防ぐには、エアコンを設置する際に傾きが発生しないようにすることが重要です。

エアコンのドレンパンの水漏れの解決策

エアコンのドレンパンの水漏れの解決策

ここでは、エアコンのドレンパンから水漏れが発生した際の解決策について、解説します。

エアコンクリーニングをする

エアコンの水漏れの主な原因は、ドレンパンの詰まりによるものです。そのため、ドレンパンの詰まりを取り除くことができれば、水漏れも解消されます。ドレンパンの詰まりを解消するには、エアコンのクリーニングが必要です。

自分自身でエアコンを分解して、クリーニングすることも不可能ではありませんが、分解が原因で故障してしまう可能性はゼロではありません。このような故障の場合、メーカーの保証も受けられない可能性があるので、注意が必要です。

結露した水を外に流す

ドレンパンに溜まっている水を自分で、外に流す方法もあります。この方法であれば、ドレンパンの詰まりを解消しなくても、水漏れを防ぐことができます。ただし、毎回水を取り除くのは面倒な作業であるため、あくまでも詰まりを解消するまでの一時的な措置として考えたほうがいいでしょう。

エアコンのドレンパンの掃除は業者に依頼するべき

エアコンのドレンパンの掃除は業者に依頼するべき

ドレンパンの掃除自体は、素人でもできないわけではありませんが、部品などに関する知識が必要になるため、かなり手間がかかります。また、壊してしまうリスクもあるため、特別な理由がなければ、最初からエアコン専門業者に依頼するほうがいいでしょう。

費用こそかかりますが、手間とリスクを考えるとコスパはいいと言えます。また、ドレンパンの詰まり以外にも、エアコン本体を綺麗にしてくれ、ドレンパン以外に故障部分があれば、その修理に対応してもらうことも可能です。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す