カラスよけネット・ゴミネットでゴミを荒らすカラス対策をする

街で目にする散乱したゴミ。ゴミ置き場から飛び出て転がっていたり、袋が敗れて中身が出ていたり。荒れたゴミから生ゴミが出て、見た目にも悪いし悪臭が漂っている。なんとも迷惑で不衛生な光景。そんな荒れたゴミの原因は、十中八九がカラスです。カラスはゴミ捨て場を荒らしてゴミ袋を開け、中身の生ゴミを食べてしまいます。

街中のゴミ捨て場や集積所がある自治体はまだマシですが、戸別収集を行っている地域だと最悪です。家の前や敷地にゴミが散乱して、汚いゴミの後片付けをする羽目になることも。自分の家だけゴミが荒らされたなんてことになったら、ご近所の迷惑にもなってしまいます。

なにかと迷惑なゴミ捨て場を荒らすカラス。そのカラスの対策には、手軽で便利なカラス除けネットがおすすめ。そこで今回の記事では、カラス除けネットのご紹介と、ゴミ捨て場のカラス対策をご案内。ゴミを荒らすカラスでお悩みの方は、ぜひ参考にしてもらいたい記事です。

カラスがゴミ捨て場を荒らす理由

まずはネットと対策のご紹介の前に、カラスがゴミ捨て場を荒らす理由を説明しましょう。

生ゴミはカラスのエサ

繁華街や住宅地など、都会で暮らすカラスの主食は、人間の出す生ゴミです。飲食店などで廃棄された食べ物や、家庭ゴミに混じっている残飯を食べて生活しています。カラスにとってこうしたゴミは、栄養価の高い魅力的なエサです。このエサを食べるため、人間の出すゴミを荒らしてしまうのです。

ゴミ捨て場は上質なエサ場

カラスにとって生ゴミが栄養価の高いエサだとすると、ゴミ捨て場は上質なエサ場です。それもそのはずで、毎日決まった曜日と時間にゴミが運ばれてくるので、エサを探す手間も省けてカラスにとっては大助かり。ゴミ捨て場さえ見つけてしまえば、あとは待ってるだけでエサがやってきます。ゴミを漁るほかの動物、天敵もいないのでカラスにとってはこれほどいいエサ場はありません。

都会は絶好の繁殖地

ゴミ捨て場のある都会は、カラスにとっては絶好の繁殖地です。栄養価の高いエサを定期的に食べることができるので、繁殖率も高まります。たくさん卵を産んでヒナを育てられるので、カラスの増加にも繋がっています。そしてその増えたカラスもまた、ゴミを荒らすようになります。

人を怖がらないカラスへ

こうして都会でゴミを荒らすようになったカラスが増えると、だんだんと人を怖がらなくなっていきます。生ゴミを食べるのが当たり前となり、ゴミを荒らすカラスが増える悪循環になってきます。また人に慣れたカラスは、人の近くに巣を作るようになり、ゴミを荒らす意外の被害も出すようになってきます。

カラス対策にはネットが有効

カラスによるゴミ荒らし被害を解決するには、カラスにゴミを荒らさせないのが一番。そこで有効なのが、「カラスよけネット」または「ごみネット」です。カラスよけねっともごみネットも同じものを差しますが、カラスがゴミを荒らせないようにするためのネットです。

このネットにはさまざまタイプがあります。ゴミに掛けて使うシート上ものや、袋状でゴミを中に入れて縛るもの。箱型でフタをするものや、筒状のもの、テント型などがあります。戸別収集の家庭用から、ゴミ捨て場などの集積所で使う大型のものまであります。こうしたネットは、カラスの足やクチバシからゴミを守り、荒らさせないようにするものです。ネットの網目がカラスの足やクチバシより細かいので、突いても取り出すことができないようになります。

ただしこうしたネットは、選ぶものや使い方によっては効果を発揮しないことも。特にシート上のゴミに掛けるだけのネットは、カラスが隙間から入ってゴミを荒らしてしまうことがあります。選べる状況であれば、箱型や蓋のできるものなど、頑丈で隙間のできにくいものがおすすめです。

カラスよけネットの種類

それではカラスよけネット、ごみネットについて詳しく見ていきましょう。使い勝手や効果を比較して、環境に合うものを選ぶのがポイントです。

袋タイプ

袋タイプのネットは、袋状のネットの中にゴミを入れて使うものです。袋に入れて口を縛れるので、カラスがゴミを引っ張り出したり、突いたりできなくなっています。袋タイプも大きさがさまざまあり、戸別回収の一般家庭用から、集積所で使われる大型のものまであります。袋タイプは使ったあとの片付けが楽なのもポイント。嵩張らないので、丸めておける手軽さがあります。値段も安くネットやホームセンターでも手に入るので、カラスのゴミ対策を今すぐ、手軽に行いたい方や自治体におすすめです。

ボックスタイプ

ボックスタイプは、箱型・筒型のネットで組み立て使います。袋タイプと違って、ゴミを入れやすいのがポイント。蓋を開けて入れるだけなので、袋の口を開けたり縛ったりのような手間がありません。ただし嵩張るので、使う場所を選ぶのが難点。また組み立てる必要があるので、使用する前後には手間がかかります。

シートタイプ

シートタイプは、ネットをそのままゴミの上に掛けて使います。集めたゴミの上に掛けるだけなので、袋に入れたり組み立てるというような手間はありません。使ったあとも畳む、丸めるだけなので使う場所も選ばないのが特徴です。袋タイプやボックスタイプより手軽なのが魅力ですが、カラス対策としては上記のふたつよりも劣るのが難点。掛けるだけという手軽さの一方で、隙間ができやすいという面も。使い方によっては、隙間からカラスが入ってゴミを荒らされることがあります。

ゴミステーションがより効果的

ゴミのカラス対策では、ゴミステーションというものもあります。これは金網やプラスチック上の箱でできているものが多く、大きく頑丈なのが特徴です。主に自治体のゴミ集積所やマンション、アパートなどの集合住宅に設置されています。ゴミステーションにはネットのような隙間ができないので、カラスがゴミを荒らすことはまずできません。人が使う分にも、広げたり畳んだりといった動作もなく便利です。ただしネットと違って置く場所を選ぶため、導入する地域が限られることも。また戸別回収の家庭では、場所の問題で導入が難しいのが現状です。

根本解決はゴミを減らすこと

カラスのゴミ荒らし対策を根本的に行うなら、ゴミを減らすことが一番です。エサとなる生ゴミ自体が減ってしまえば、カラスもエサ場を失くして自然といなくなります。食べ物を買うときは必ず消費できる量だけにして、生ゴミを出さないようにする。料理をするときは、できるだけ食材を無駄にしないようにする。冷蔵庫はしっかり管理して、賞味期限を切らさないようにする。などなど、こうした工夫で生ゴミを減らすことで、カラスのエサを増やさないようにすることが大切です。

ルールを守ったゴミ出しを

またカラスを減らすには、ルールを守ったゴミ出しをすることも大切です。住宅地であれば、決まった曜日と時間にゴミを出す。繁華街などもそうで、曜日と時間を守るとともに、出し方も自治体のルールに乗っ取って行うことが大切です。福岡など一部地域を除き、大抵の自治体は朝がゴミ出し時間です。このルールを破って昼間や夜にゴミ出しをすると、カラスにゴミを荒らす時間を与えることにもなります。ゴミ出し時間は収集車がやってくる時間でもあります。時間を守ることはゴミが外に放置される時間を減らすことでもあると心がけてください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す