エアコン室外機カバーのメリットを解説!オシャレ以外の効果もあるんです

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

夏を目前に控え、これからの時期、私たちの生活にエアコンが欠かせなくなってきます。 
夏場のエアコン温度設定は28度なんていうけど、それじゃ全然涼しくない…。 
なんだか生ぬるい風が出てきて全然冷えない…。 
室外機にカバーをつけるといいと聞いたことがあるけど、実際どうなの?と考える人も多いのではないでしょうか。 
また、ベランダやお庭のインテリアにこだわりのある人は、室外機のデザインが気に入らなかったり、景観のためにカバーをつけたいと考える人もいるかもしれません。 
今回の記事では、エアコンの室外機カバーの種類やメリットから冷暖房効率までお話しします。 

エアコン室内機

冷房効率をアップさせるには? 

冷房の効率をよくするには、室外機の周りの温度を上がりにくくすることが大事です。 
周りが暑いと、熱を排出する効率が悪くなり、部屋の中も思うように涼しくならなくなってしまうのです。 
そのため、余分な電力を消費してしまい電気代も上がることに。 
そうならないよう、室外機をチェックしてみてください。 
まずは直射日光が当たらないようにします。 
室外機が影になるよう、カバーや日よけなどを付けます。 
それから、室外機の周りに余計なものを置かないようにします。 
熱がこもらないよう、風通しをよくするのです。 
また、カバーを付けっぱなしにしておくと今度は熱がこもってしまう可能性があるので、冷房使用時はカバーを外した方がよいでしょう。 

日陰の室外機

室外機のカバーってどんな種類があるの? 

それでは、室外機のカバーには、どのようなものがあるのでしょうか。 
4つ紹介します。 


・すだれ、日よけ 
昔ながらのすだれをかける方法です。 
室外機の上部に屋根のように付けたり、すだれを壁に立てかけるように置いたり、壁からたらしたり。 
すだれはスーパーやホームセンター、百均などでも売っており、手軽で安価に購入できて便利です。 


・おしゃれな物置一体型 
物置と一体になっているタイプもあります。 
見た目にもオシャレで収納もでき、まさに一石二鳥。 
ガーデニング、カー用品などをよく使う場合におすすめです。 


・フェンスやすのこ状 
フェンスやすのこ状のカバーは熱の逃げ道を作りつつ、見た目も程よく隠せてオシャレに見えるというメリットがあります。 


・植物 
フェンス状になっているカバーに蔓性の植物を絡ませるように育てる方法もあります。 
よりオシャレになり、癒し効果も期待できます。 
ただし、植物が育ちすぎると、室外機の熱がこもってしまうので、育ちが早い植物はよく気をつけて適度に剪定が必要です。 

室外機にカバーをつけるメリットとデメリットは? 

・メリット 
一番のメリットは、直射日光や雨、雪などを避け、汚れやゴミから守ることです。 
室外機が日光にさらされ続けると、エアコン本来の性能が発揮できないこともあります。 
汚れも少ないに越したことはないですよね。 
また、見た目がよくなるというメリットもあります。 
室外機はどうしても無機質です。 
住宅や庭にこだわりを持って作る人は多いですが、室外機の部分にも統一感を持たせることも可能となります。 


・デメリット 
雨にさらされないことで、逆に汚れが落ちないということもあります。 
砂埃程度だったら雨で落ちますが、カバーがあることで砂埃がついたままになり、定期的に洗浄する必要が出てきてしまうかもしれません。 
さらに、全面をカバーしているタイプは、熱がうまく排出できません。 
そのため、冷暖房稼動中はカバーを外した方がよいでしょう。 
また、冬は室外機が日光に当たって暖かくなるほど効率良くなりますが、覆い隠してしまうと、影になり温度が下がってしまうので、常に日光が遮られてしまうタイプだと効率が悪くなります。 

室外機カバーをDIYする際の注意点は? 

なかなか気に入ったものが見つからない時は、DIYするのもよいかもしれません。 
DIYをする際は、すのこやガーデニング用のラティスなどを使用するのが簡単でおすすめです。 
注意しなければいけない点は、室外機の上部や側面、前面に空気の通る隙間を開けることです。 
冷房効率をアップさせるには?でも話した通り、熱がこもると冷房効率が悪くなってしまいます。 
隙間がないと熱がこもってしまいますので、熱を逃がせるように隙間を作るようにしましょう。 

カバーを付けてもエアコンが効かない…そんな時はプロの業者に依頼しよう 

室外機まわりをきれいにしても、カバーを付けても冷房効率が悪い、冷えない…ということもあるでしょう。 
それは故障やガス不足かもしれません。 
ガスが自然に減ることはありませんが、エアコン本体や室外機からガスが漏れていることもあるのです。 
そうなると、自力で直すのは困難。 
これから暑さが増してくると、エアコンの修理や点検は予約が取りづらくなってしまいます。 
放っておくと、熱中症にもなりかねないので、早めに依頼しておくのが安心です。 
『街の修理屋さん』では、室外機の点検を税込み5,500円〜承っております。 
お見積もりは無料ですのでお気軽にご相談ください。 

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す