換気扇の電気代は月いくら?回し続けるメリットと使い分けのコツを解説

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

何気なく使用している換気扇ですが、あなたは正しく使用していますか?

電気代もかかるし、つけっぱなしは勿体ない!なんて思ってこまめに消していませんか?

実はつけっぱなしの方が電気代以上のメリットがあり、場所によってはつけっぱなしが好ましいのです。

その場所とはどこなのか、どのようなメリットなのか、詳しくご紹介いたします。

換気扇の電気代っていくらなの?

換気扇をつけたままなんて電気代もかかるし、なんだか勿体ない。

そう思う方も多いかもしれませんが、実際電気代がどの位かかるのかご存知ですか?

換気扇の種類にもよりますが、小型のものであれば実はそこまで電気代はかかりません。

具体的にどの位かかるのか確認してみましょう。

トイレの換気扇

トイレの場合は小型の換気扇がほとんどなので電気代はあまりかかりません。

旧式も最新式もほとんど差はなく安心して使用することができます。

ちなみにトイレの消費電力は3W程がほとんどです。

1日中つけていても3W×24時間の72Wなので、1日1円程度となり2円以上にはならない計算となります。

トイレのニオイや菌・カビはとても気になるので、換気扇を使用し空気を入れ替え快適に利用したいですよね。

お風呂の換気扇

お風呂の換気扇の消費電力は20W程なのでトイレの3Wと比較すると高く感じるかもしれません。

1日つけていると20W×24時間で480Wなので、1日12円程となります。

最新の換気扇は節電タイプになっており、消費電力が13Wや3Wなどぐっと低くなるので、電気代が気になる方は交換を検討してみてもいいかもしれませんね。

キッチンの換気扇

キッチンの換気扇はトイレやお風呂と異なり大型がほとんどです。

使用する際、強と弱がありますが弱で使用しても消費電力は30W程かかります。

プロペラ式の場合は若干少ない消費電力にはなりますが、30W前後の換気扇が多いでしょう。

1日つけていると30W×24時間で720Wなので、1日20円前後となります。

キッチンにも節電タイプの換気扇があるので、交換することで電気代の節約になります。

種類によっては消費電力5W程の換気扇もあるため、調べてみてはいかがでしょうか。

換気扇は24時間つけたままが良い?

それぞれかかる電気代はわかりましたが、結局24時間つけていた方が良いの?

つけているとどんなメリットがあるの?と思う方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、つけっぱなしが良い場所・こまめにオンオフした方が良い場所があります。

キッチンの場合は調理中のニオイや煙、油を外に排出することが目的なのでつけっぱなしにしていることは少ないでしょう。

トイレやお風呂場とは違い、換気扇も大型なのでキッチンは小まめにオンオフした方が節電にもつながります。

トイレやお風呂の場合は電気代もあまりかからない上、換気扇をつけている方がメリットも多いのでつけっぱなしがおすすめです。

そのメリットとは何なのか、詳しく解説いたします。

換気扇を24時間つけておくメリット

換気扇を24時間つけておくだけで快適に過ごせるメリットがあるのです。

電気代は多少かかりますが、それ以上のメリットが得られるため一つずつ確認していきましょう。

【メリット1:カビ対策】

換気扇をつけっぱなしにしておくことで湿気を好むカビの発生を抑えることができます。

室内に溜まった湿気を換気扇が屋外に排出してくれるので、空気が循環しカビだけでなく結露も防止することができるのです。

つけっぱなしにより特に効果が得られるのは湿気の多いお風呂場。

カビの発生を抑えることで、お風呂場を清潔に保つことができるので掃除の手間も省けます。

換気扇を切ってしまうとまたすぐに湿気がこもってしまうため、トイレやお風呂場はjつけっぱなしにしておきましょう。

【メリット2:ニオイ対策】

ニオイが気になる場合、換気扇をつけっぱなしにして常に空気を循環させておきましょう。

お風呂場は清潔に保っていても石鹼カスや皮脂汚れからニオイが発生し、排水溝から悪臭を放ちます。

気づいてからスイッチを入れるよりも、つけっぱなしにしておく方がニオイの排出も早く、悪臭を防げるので安心です。

嫌な臭いを充満させないよう換気扇を常に回しておきましょう。

【メリット3:家の延命対策】

木材は湿気を含むことで傷みやすくなり、家の老化を早めてしまいます。

湿気によって木材が傷まないよう、換気扇を回し空気を循環させましょう。

木材が傷むことでシロアリなど厄介な害虫が発生してしまう可能性もあります。

害虫が発生する前に、換気扇により家の延命対策を行ってみて下さいね。

また、家の中に入ってしまった花粉や黄砂も排出できるためつけっぱなしはおすすめです。

換気扇を使用しないとどうなるの?

メリットで説明をしましたが、換気扇を使用しないと

  • カビが発生しやすくなる
  • ニオイが充満してしまう
  • 家の寿命が短くなる

など、様々なデメリットが生じます。

カビは掃除も大変な上、アレルギーを引き起こす原因にもなるため注意しましょう。

一番厄介なのは、湿気が原因で害虫が発生してしまうことです。

湿気が原因で発生する害虫は様々で、どの害虫も駆除が大変。

下記の害虫が当てはまりますので、気を付けて下さい。

電気代が安くなる?!効率良い使用方法3選

つけっぱなしにした方が良いけれど、それでも電気代が気になるという方もいるでしょう。

どうしたら少しでも電気代を抑えることができるのか。

ここからは、ちょっとした事で電気代が抑えられる方法をご紹介いたします。

扉は閉めて換気する

換気する際は扉を必ず閉めて行いましょう。

ニオイや湿気がこもっているため、扉を開けて換気をした方が良いように感じますが実はNG行為なのです。

開けてしまうとニオイや湿気が他の部屋に逃げてしまうため逆効果。

別の部屋にも湿気が充満してしまいカビが発生しやすくなってしまいます。

逃げ道を作らないよう扉は閉めて、密室にして換気を行いましょう。

扉だけでなく、窓もしっかり閉めて下さいね。

換気扇はこまめに掃除する

換気扇はこまめに掃除する必要があります。

汚れた換気扇では十分な効果が発揮されず、電気代も上がってしまうのです。

汚れが広がってしまったり、動きが悪くなってしまったりと故障の原因にもなってしまうので要注意。

常にきれいな状態を保つことで節約にも繋がるので、定期的な掃除はとても重要です。

掃除の際は説明書をしっかり読み、安全のためブレーカーを下げて掃除しましょう。

節電タイプに交換する

節電タイプの換気扇にすることで、電気代をグッと抑えることができます。

買い替え時にお金はかかりますが、これからずっと使用していくことを考えるととてもお得です。

特に、寿命で換気扇の購入を検討されている方はおすすめ。

今使用している消費電力の半分以下になる場合もありますので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

換気扇を交換してお得に使おう

換気扇の交換工事を行う様子

換気扇を交換すると

  • 電気代を抑えられる
  • 換気機能UPによりシックハウス症候群の予防や対策になる

といったメリットがあります。

古い換気扇よりも新しい換気扇の方が節電タイプになっていることが多く、電気代が抑えられるのです。

また、換気機能が上がることでシックハウス症候群の予防や対策にもなり、快適に使用することができます。

換気扇の交換は電気工事士の資格が必要なので、必ず業者へ依頼しましょう。

街の修理屋さんなら見積もり無料で、換気扇交換5,500円~お受けいたします。

相談だけでも可能なので、迷っている方はぜひお電話やメールで問い合わせてみて下さいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す