三つのポイント

テレビの音は出るのに画面が映らない時の対処方法教えます!

壊れただけと思っていませんか? 火事や感電などの危険があります。至急電話してください!!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

いつものようにテレビの電源を入れたのに、画面が映らなかったことはありませんか?映像は映らないのに、音声は聞こえるといった状況も少なくないようです。少し様子を見ても問題が解決されないようであれば、故障を疑って新しいテレビへの買い替えを検討することでしょう。ただ、新しいテレビを探す前に、ここだけは確認してほしいというポイントがあります。テレビの故障ではないかもしれませんよ。

なんでテレビになにも映らないの?その原因は?

アンテナケーブルが抜けている、ゆるんでいる

テレビが映らないとき、まずはテレビの背面に接続してあるケーブル類を確認してみましょう。地上波用と衛星放送用のアンテナケーブルが1本もしくは2本接続されているはずです。掃除機などがケーブルに引っかかり、アンテナケーブルが外れていないでしょうか。

地デジ用、BS/CS用の配線が間違っている

アンテナケーブルは地デジアンテナにつながれた地上波用とBSパラボラアンテナにつながれた衛星放送用があります。それぞれ、接続する端子は決まっており、間違えたり逆につないでしまうと映像は映りません。

アンテナケーブルの断線不良、芯線の折れ曲がり

アンテナケーブルが断線していたり、テレビに接続するときに誤って芯線が折れ曲がってしまい正常に接続できていないと、やはり映像は映りません。

セットトップボックスの不具合

ケーブルテレビや光回線でテレビを視聴しているお宅には、届いた信号をテレビで受信できる信号に変換する、セットトップボックスが設置されています。このセットトップボックスの故障や接続不良もテレビが映らない原因のひとつです。

B-CASカードの不具合

B-CASカードはデジタル放送を受信するために必要なカードです。テレビやHDDレコーダーなどチューナーを搭載している機器に差し込んで使用します。このカードがささっていないと映像が受信されず、「B-CASカードが正しく挿入さてていない」とエラーメッセージが出るので、すぐに気づくはずです。B-CASカードには差し込む向き、裏表、もありますので確認しておきましょう。

リモコンの不具合

リモコンでテレビの電源を入れられないなら、当然リモコンの電池切れが疑われます。テレビの本体には必ず電源ボタンがありますので、それを押して電源が入るか確認しましょう。

悪天候による受信レベルの低下

大雨や台風などの悪天候により、映像が乱れて音声も途切れるといった状況はめずらしくありません。

とくに、衛星放送を自宅のパラボラアンテナで受信して視聴している場合は、天候の影響を受けやすくなります。衛星放送の電波は雨に吸収されやすいので、雨が強ければ強いほど電波は弱くなってしまいます。

テレビ本体の故障

ここまで確認して思い当たる節がないのであれば、テレビの故障が疑われます。ただ、その前に一度、取扱説明書をみながらテレビをリセットしてみてください。改善される可能性があります。また、夏の暑い時期などにテレビの不具合が発生する場合は、テレビの内部に熱がこもることによる熱暴走も考えられます。

電波障害が発生している

ひとくちに電波トラブルといっても、アマチュア無線による電波干渉だったり、新しく建設された建物が電波をさえぎっていたりと、いろいろな可能性があるので原因を特定するのは難しいでしょう。

なんでテレビになにも映らないの?その対処法は?

アンテナケーブルを抜き差ししてみる

アンテナケーブルが外れていたなら、しっかりと奥までケーブル端子を差し込みましょう。ケーブルが抜けやすいようなら、ネジ式の「F型コネクター」タイプを使用することで外れなくなります。

配線を確認、挿入しなおす

地上波用のアンテナケーブルは地上波(UHF)の端子へ、衛星放送用のアンテナケーブルは衛星放送(BS/CS)端子へ、確実に接続します。また、ハードディスクレコーダーを使っているなら、アンテナケーブルはまずHDDレコーダーに接続し、さらにHDDレコーダーのアンテナ出力からテレビへ接続します。HDDレコーダーの取扱説明書を見ながら、確認してみましょう。

ケーブルを交換する

アンテナケーブルに断線が見つかったときは、ケーブルを交換しましょう。ケーブルに余長があるなら、ケーブルの太さにあったF型接栓中継接栓を利用して断線の復旧も可能です。ただ、しっかりと施工しないと再び不具合が生じますので、ケーブルの引きかえをおすすめします。高所での作業がともなう場合は、すみやかに専門の業者さんに依頼しましょう。

芯線が折れてしまった場合もF型接栓と工具があれば、ご自身での修繕も可能です。

セットトップボックスをリセットしてみる

セットトップボックスの不具合が考えられるなら、ケーブル類がしっかり接続されているか、破損はないか、まず確認します。さらに、セットトップボックスをリセットしてみましょう。電源プラグをコンセントから抜き、5秒以上経過したのち再びコンセントにさすことで、リセットできます。この作業で不具合が改善する場合があります。

B-CASカードを挿入しなおす

エラーメッセージにしたがい、向きに注意してB-CASカードを挿入します。すでに挿入されているなら、一度抜いてもう一度差し込んでみましょう。まれな例ですが、B-CASカードは裏面にある、ICチップが接触することで認識されています。このICチップの接触不良で、エラーメッセージが出ることがあります。この場合は接触不良を改善させるため、柔らかい布でふいたり、接点回復剤などを塗布することで改善することがあります。

リモコンの電池交換、リモコン自体の交換

リモコンの電池を交換しても思うようにテレビを操作できないのであれば、リモコンの故障が考えられます。リモコンを交換する場合、今まで使っていた純正のリモコンを探すのに時間がかかりそうなら、どのメーカーのテレビにも対応する、汎用型のリモコンを利用するという手段もあります。

天候の回復を待つ

悪天候によりテレビは映らないと判断される場合は、残念ながら天候の回復を待つしかありません。ただ、普段から受信状況が安定せず、雨が降るとすぐに映像が乱れるような状況はブースターを設置することで改善されるかもしれません。是非一度、専門の業者さんに相談してみましょう。

専門の業者へ修理、調査を依頼する

テレビの故障が疑われるなら、まずテレビをリセットします。よくあるリセット方法として「テレビの電源が入ったまま、本体の電源ボタンを長押しして再起動させる」という方法や「テレビの電源プラグをコンセントから抜き、5秒以上経過したのち再びコンセントにさす」という方法があります。

夏季の熱暴走は、ホコリの付着が原因でしょう。長年使っているとテレビの内部にまでホコリが侵入し、積もり積もって熱の排出を妨害してしまいます。この場合、テレビを分解して内部を清掃する必要があります。細かいパーツが少ないテレビは、ご自身での分解清掃も可能でしょう。

テレビの故障や電波障害など、簡単に原因を特定できない場合は、すみやかに問題を解決するためにも、是非、経験豊富な専門の業者さんに相談することをおすすめします。

注意しておきたいポイント

悪天候時はチャンネル設定を変えない

台風や大雨、雷雨のときなどは届く電波が弱くなるので「E201」や「E202」のエラーコードが表示されます。とくに、E201は「アンテナ受信レベルが低下したため降雨対応放送に切り替えた」というメッセージです。

まったく受信できない状況を避けるため、一時的に映像や音声の質を下げて表示しているという報告ですが、このときチューニングが悪いと勘違いして、チャンネルの設定を変えたり、アンテナを調整したりしないようにしてください。E201、E202は天候が回復すればエラー表示は消えて、正常に受信できます。

まとめ

テレビに映像が映らず音声だけが聞こえる状態は、いかにも故障しているように見えますが、実際にはいろいろな要因が考えられます。原因が特定されないと、新しいテレビに買い替えても、また同じ現象に悩むことになるかもしれません。

ご自身での解決が難しいときは、是非専門の業者さんを頼ってください。経験豊富な専門業者さんであれば、敏速に問題を解決してくれるでしょう。いざというときは、プロに任せてしまいましょう。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す