テレビが故障した時のチェックポイントを徹底解説!

テレビが映らないとき、真っ先に「もしかして故障?」と思いますよね。今まで問題なく使えていたのに、急に不具合が起こるとどうすれば良いのかわからない人も多いでしょう。

ですが、テレビが映らないからといって、必ずしも故障しているわけではありません。まずは自分で対処できるケースかどうかを見極めて、必要であれば修理や買い替えを検討しましょう。

今回は、テレビの故障を判断するためのチェックポイントを詳しく解説します。テレビが映らない、もしくは不具合が多くて困っている人は、ぜひ参考にしてください。

テレビが故障する前兆

まず、テレビが故障する前にはどのような現象が起こるのかを知っておきましょう。

ここでは、テレビが故障する前兆を4つ紹介します。

電源が入りづらい

テレビが故障する前に起こる現象の1つに、電源が入りづらくなることがあります。完全に電源が入らない、もしくは入ったり入らなくなったりします。

おもな原因としては、電源に関わる基盤や回路の劣化や外部からの衝撃により不具合が起きて故障していることが考えられます。

映像が乱れる

テレビが故障する前のサインとして、映像が乱れることもあります。映像の乱れでよく起こる現象は以下の通りです。

  • 画面の縦や横に線が入る
  • モザイクのようなノイズがでる
  • 色が変わる

これらが起こる主な原因としては、液晶パネルの劣化が考えられます。

音声が乱れる

テレビの故障前は音声の乱れが起こることもあります。音声の乱れには、以下のような現象があります。

  • 映像と一緒に音声が乱れる
  • 音声だけが乱れる
  • 音がまったく聞こえない
  • 途切れ途切れに聞こえる

このような状態になっているときは、テレビ内部の電気回路や基盤・部品に何かしらの不具合が起きている可能性があります。

また、音が割れて聞こえる場合はスピーカーの劣化や寿命も考えられるでしょう。

焦げ臭い

テレビから焦げたような臭いがするときは、すぐに電源コードを抜いてください。

焦げ臭い原因はさまざまですが、コンセントやテレビ本体の内部にホコリがたまっていたり、経年劣化により基盤が焦げたりすることもあります。

購入して新しいものであれば、ホコリを取り除くことで改善できるケースもありますが、テレビの寿命と言われる10年以上使っている場合は故障の可能性が高いでしょう。

テレビが故障しているかどうかのチェックポイント

テレビ本体の故障かどうかを確認するために、まずは本体周りの周辺機器をチェックしてみましょう。

ここでは、テレビが映らないときにチェックすべきポイントを6つ紹介します。

①リモコン電池切れ

「テレビの故障かと思っていたら、実はリモコンの電池が切れているだけだった・・」ということはよくあります。

普段、リモコンの電池の減りを気にして生活している人はあまりいないですよね。ですが、リモコンの電池は日々少しずつ消耗しています。

リモコンの電池が切れかけると、テレビを操作するための赤外線の送信量が少なくなるので、テレビ本体の反応も悪くなります。前回の電池交換から時間が経っている場合は、リモコンの電池を交換してみましょう。

②リモコンの故障

リモコンの電池交換をしても反応が悪いなら、リモコンが故障しているのかもしれません。リモコンの操作が効かない場合は、内部部品の劣化や電池の液漏れなどによる接触不良などが考えられます。

テレビのリモコンは毎日使うため、電池を入れっぱなしにしている人が多いと思います。長期間電池を入れっぱなしにしていると、液漏れを起こして金属部分が錆びてしまうことがあります。

金属部分が錆びると電気が流れなくなるので、いくらボタンを押してもリモコンの操作ができなくなります。「電池を入れたのがかなり前」という人は、電池ボックスを開けて金属部分が錆びていないかを確認してみてください。

③コンセント抜けや緩み

テレビ本体のコンセントが抜けていないか、緩んでいないかもチェックしておきましょう。単純なことですが、掃除のときにコードが引っかかって抜けたり、知らない間に緩んでいたりすることも少なくありません。

また、オンオフの切り替えができる電源タップを使っている場合は、そちらのスイッチが入っているかも確認しましょう。

コンセント以外にも、地デジやBS・CSを視聴するのに必要な『B-CASカード』がしっかりとテレビ本体に差さっているかチェックしておきましょう。

④操作ミス

テレビが映らないときは、リモコンの操作ミスがないかもチェックしてみてください。たとえば、契約していないBSやCSなどの画面をつけている場合は、画面が真っ暗になります。

リモコンの地上デジタル放送のボタンを押して、正しく映るかどうかをみてみましょう。

⑤ケーブルや分配器など周辺機器のトラブル

テレビにはケーブルや分配器など、多くの配線コードが繋がっています。

以下のような周辺機器にトラブルがある場合も、テレビが映らなくなることがあります。

分配器

分配器とは1本のアンテナケーブルから、複数台のテレビやレコーダーに電波を分配するための機器です。1つの分配器から分配する数(接続する機器の数)が多すぎると電波が弱くなることがあります。

分配器について詳しくは、こちらの記事で解説しています。

分波器

分波器は、1つにまとまった地上デジタル放送とBS・CSの電波を分けるための機器です。BS放送やCS放送を契約している場合は、分波器が取り付けられています。

分波器について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧下さい。

アンテナケーブル

上記のような周辺機器だけでなく、ケーブル(配線)に問題がある場合も考えられます。

アンテナケーブルについての詳細は下記の記事を参考にしてください。

⑥アンテナのトラブル

テレビのアンテナが強風などにより、方角や角度が変わるだけで映らなくなることがあります。

基本的にテレビのアンテナは周りに障害のない場所に設置するため、屋根などの高い位置にあります。

ご家庭によってはベランダについている場合もあり、自分で直そうと思う人もいるかもしれませんが、テレビアンテナの向きの調整には正しい知識が必要です。

高所に登る場合は危険を回避するためにも専門の業者を頼りましょう。

また、受信する電波を強くするための「アンテナブースター」の設置方法が悪い場合もテレビの映りが悪くなることがあります。

アンテナブースターには屋外用と屋内用があり、選び方にもポイントがあります。

下記の記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

テレビの故障の原因

ここまで紹介した内容は、テレビの故障以外で考えられるものでした。

上記のものに当てはまらない場合は、テレビ本体や周辺機器が壊れているのかもしれません。

ここからは、テレビの故障の原因について詳しく紹介します。

①バックライト故障

バックライトはテレビの液晶パネルに光を当てる役割をしており、このライトが切れると画面が暗くなったり、真っ暗で何も映らなくなったりします。

音声はでるけど映像が映らない場合は、バックライトの故障の可能性が高いです。

バックライトの寿命は10年ほどと言われており、それ以上長く使っている場合はバックライトの寿命が考えられるでしょう。

②チューナー故障

「放送中の番組は映らないけど、テレビの操作画面は映る」という場合は、チューナーが故障しているのかもしれません。

チューナーはテレビの電波を受信するための機器で、すべてのテレビについているわけではありませんが、以下の場合は必要になります。

  • 地デジ非対応のテレビで、地デジ放送/BS放送/CS放送をみる場合
  • 4K・8K放送を視聴する場合
  • PCやタブレットでテレビ番組をみる場合

これらに該当する場合はチューナーを使っており、何らかの不具合が起きて映らなくなっている可能性もあります。

③分配器など、周辺機器故障

大雨や台風、雷などによって屋外に設置されている分配器が故障することもあります。

とくにマンションやアパートの場合は、分配器が屋外に設置されていることも多く、経年劣化により故障することがあります。

テレビ本体の故障が見られず、配線コードが切れるなどの不具合がなさそうであれば、分配器や分波器などの周辺機器が故障しているのかもしれません。

④アンテナ故障

多くの場合、テレビのアンテナが故障するのは雷が落ちたときです。基本的にアンテナは長く使えることが多く、早々壊れるものではありません。

ただし数十年使っている場合や、アンテナに被雷した場合は故障することもあります。テレビアンテナが故障している場合は、電波が受信できないのでテレビが映りません。

どこが悪いのかわからないなら業者に依頼を!

テレビに不具合が起こったときのチェックポイントや、故障の原因を紹介してきました。今回紹介したチェックポイントを見ても、どこが悪いのかわからない場合は、専門業者に依頼しましょう。

テレビが映らないときは、本体が故障していることもあればアンテナが故障していることもあります。もしアンテナが故障している場合は、高所作業になるので個人でおこなうのは危険です。

さらに、正しく電波を受信するためのアンテナレベルの調整や確認は素人には難しいため、電気工事の業者に任せる方が安心で確実です。

弊社、街の修理屋さんでは、テレビやアンテナの点検修理を5,500円から承っています。お見積もりは無料で、年中無休でスピード対応いたします。

お電話もしくはネットから工事依頼を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す