三つのポイント

日立 ルームエアコン(F28YTES-W)ドレンホース交換

壊れただけと思っていませんか? 火事や感電などの危険があります。至急電話してください!!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

「F28YTES-W」
の施工実績有り!

お困り事・ご質問があれば実績のある弊社にご相談!

エアコンを快適に使うために、室内機のフィルターやファンの清掃を行う人は多いと思います。しかし、室内機と室外機を繋ぐドレンホースの点検まで行う人は少ないのではないでしょうか?

エアコンのドレンホースは、エアコンの本体よりも劣化しやすく、定期的な点検が必要です。点検を怠ると、ドレンホースに汚れや劣化が発生し、室内機や室外機にも悪影響を与えるかもしれません。

そこでこの記事では、エアコンのドレンホースの劣化を放置すると起こるデメリットについて解説します。弊社・街の修理屋さんで行ったドレンホースの交換事例についても解説するので、併せて参考にしてくださいね。

エアコンのドレンホースの劣化を放置すると危険

ドレンホースは、エアコンの室内機と室外機を繋ぐ重要な配管です。

稼働中の室内機の内部には、結露が発生します。

その結露を排出するために設置されているのがドレンホースです。

ドレンホースは、年月とともに劣化していきます。

劣化を放置すると、水漏れや不具合に繋がる可能性があるため、定期的にチェックすることが大切です。

【事例紹介】エアコン「RAS-KW40M2」のドレンホースを交換

先日、お客様からエアコンのドレンホースを交換してほしい旨のご依頼をいただきました。

お客様が使用していたのは日立製の「RAS-KW40M2」です。

「RAS-KW40M2」は14畳用のエアコンで、ファンお掃除ロボ、カビバスターなどの内部清浄機能が搭載されています。

内部清浄機能があるとはいえ、ドレンホースまで綺麗に保つことはできません。

そこで、人の手による清掃が必要になります。

ドレンホースを清掃することで、冷房稼働時に水が飛び散るトラブルや、室内機から発生する異音を止めることができ、より快適にエアコンを使うことができます。

エアコンのドレンホース劣化を放置すると起こること・デメリット

続いて、エアコンのドレンホースの劣化を放置することで起こるトラブルや、デメリットについて解説します。

また、寿命についても併せて紹介するので、家のドレンホースを点検する目安にしてくださいね。

室内機から水漏れする

エアコンのドレンホースが劣化すると、室内機から頻繁に水漏れが起こるようになります。

ドレンホースは、室内機内部に発生した結露を外に排出するための役割を担っています。

しかし、ドレンホースが劣化して詰まってしまうと、水が排出されません。

特に真夏日の場合、1日あたり数リットルも発生する結露が排出されないとなると、エアコン内部の不調や水漏れによる壁や家具の劣化を招くことになります。

害虫の侵入に繋がる

エアコンのドレンホースが劣化してひび割れると、害虫に侵入する隙を与えることになります。

購入時に害虫対策をしたからと安心している場合は要注意です。

室内を清潔に保っているのにもかかわらず害虫を見かけるようになった場合は、ドレンホースの状態を確認してみましょう。

ドレンホースの寿命は3~5年

エアコン本体の寿命は10年前後と言われていますが、ドレンホースはそれよりも早く、3~5年で劣化してしまいます。

日常的に雨や風、紫外線に晒され続けるため、すぐに劣化が始まってしまうのですね。

ドレンホースが劣化しているかどうかは、触って判断することができます。

表面がボロボロとめくれてしまったり、真ん中から折れてしまったりした場合は、交換をおすすめします。

また、一見劣化が見られない場合も、内部に汚れが溜まっている可能性があります。

汚れを放置するとホース内が詰まり、排水が滞ってしまうため、ドレンホースクリーナーを使用して清掃するとよいでしょう。

ドレンホースクリーナーは、ホームセンターや通販で購入できるほか、掃除機などの各家庭にある家電で代用することもできます。

取り付け不良でトラブルが発生する場合も

購入して間もないエアコンから水漏れや異音が発生したり、冷暖房効率が悪かったりする場合は、ドレンホースの取り付け不良が考えられます。

ドレンホースは、役割に対して取り付け方が簡単な部品です。

差し込みが甘くないか、ビニールテープの巻きが甘くないか、ビニールテープが破れてないかチェックしてみましょう。

エアコン関連で困ったことがあれば街の修理屋さんまでご連絡を!

「エアコンのドレンホースをチェックしてみたら、想像以上に汚れていた」

「エアコンのドレンホースがとっくに寿命を迎えているので交換したい」

上記のように考えている方は、街の修理屋さんまでご連絡ください。

街の修理屋さんでは、エアコンのドレンホースの点検作業や交換作業を承っています。

全国に拠点があり、年中無休で営業しているため、依頼をしやすいのが街の修理屋さんのメリットです。

営業時間は夜の22時までなので、仕事後にしか工事に立ち会えない人でも依頼しやすいのがメリットです。

ドレンホースの劣化以外にも、エアコン関連で困ったことがあればぜひ街の修理屋さんまでご連絡くださいね。

まずは電話・メールから、無料のお見積り相談をご利用ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す