安全ブレーカーのトラブル原因と解決方法をプロが解説!

安全ブレーカーの役割をご存知ですか?
正しく安全に家庭で電気を使用するために、安全ブレーカーは作動しています。

そんな安全ブレーカーが何らかの原因でうまく作動しなくなったり、頻繁に落ちてしまうようになったら困りますよね。
そこで今回は、
・安全ブレーカーが落ちる原因
・安全ブレーカーを落とさないための解決法
などを詳しく解説していきます。

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明トラブルの解決に役立ててくださいね。

安全ブレーカーについて知ろう

ブレーカー

安全ブレーカーとはどのようなものなのか見ていきましょう。
一体どのような役割を果たしているものなのでしょうか。

安全ブレーカーについて

安全ブレーカーとはどのようなものなのか見ていきましょう。
一体どのような役割を果たしているものなのでしょうか。

電気は、分電盤から各部屋にそれぞれの電気を送るようにできています。
しかし、各部屋によって使える電気量は決まっています。その許容量を超えてしまわないように機能するのが安全ブレーカーです。
決められている電気量をオーバーしてしまったら安全ブレーカーが落ちるように設計されています。

もし安全ブレーカーがなかったら、キャパオーバーしてしまった電気はどんどん温度が上がります。その結果火災を招いてしまうこともあります。
電気を安全に使用するために安全ブレーカーは存在しているんですね。

安全ブレーカーと漏電ブレーカーの違い

安全ブレーカーは各部屋ごとに決められた電気量の容量を超えてしまわないように働くものです。では、漏電ブレーカーはどう作動するものなのでしょうか。

漏電ブレーカーも電気の使い過ぎが原因で落ちてしまうこともあります。しかし最も疑われる原因は電気の漏電です。
家の中のどこかの電気が漏電してしまっているのを感知して漏電ブレーカーは作動します。

漏電してしまっていたら、そこから温度が上がって火災が起きてしまうリスクがあります。こちらも役割は違えど安全に電気を使用するために働いてくれています。

安全ブレーカーが落ちる原因

安全ブレーカーが落ちてしまった時に考えられる主な要因について考えていきましょう。

(1)同じ回路で電化製品を同時に使っている

こちらは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
使える電気量は各部屋に流れている回路ごとに上限が決められています。
なので、同じ回路でエアコンやレンジやドライヤーもなどと同時にたくさんの電気を使ってしまうと、決められている電気量がオーバーしてしまい安全ブレーカーが作動することとなります。

(2)電力の高い電化製品を使っている

同じ回路で電化製品をいくつも使用していなかったとしても、電力の高い家電を使っていたら安全ブレーカーが落ちてしまうこともあります。
家庭によくある電化製品で消費電力が多いものを挙げると、
・電気ストーブ
・オーブン
・ドライヤー
・食洗器
・掃除機
などが挙げられます。

これらはピークの電力量が高くなる一時的な家電製品ですが、それらに加えて常に高い電力を使っている冷蔵庫やエアコンが加わると電気の許容量が超えてしまう恐れがあります。

冷蔵庫は一度使ったらなかなか電源を落とすことが難しい家電製品なので、バランスを考えて他の電化製品を使っていかなければならないでしょう。

安全ブレーカーを落とさないための解決法

では、安全ブレーカーを落とさないためには、どのようにして電化製品を使っていけばいいのでしょうか。
安全ブレーカーを落とさないための対処法について見ていきましょう。

使う時間を分散させる

同時に電化製品を使って安全ブレーカーが落ちてしまうのであれば、使う時間をずらしてみましょう。
電化製品を使用するタイミングをずらすことで電気が落ちにくくなれば解決できます。

使っていない電化製品がないか見直す

コンセントをつけているだけでも電力を使用していることがあります。
無駄な待機電力を減らすためにも使っていない電化製品がないかを見直し、使っていない電化製品のコンセントは抜くなどの対処をして電力量の範囲を超えてしまわないように気を付けていきましょう。

それでも解決しない場合は?

上記に挙げたような対処方法でもなかなか改善せず、すぐに安全ブレーカーが落ちてしまうという方はコチラに注目。

それでも安全ブレーカーが直せないと思ったら

電気を使い過ぎている以外の理由では、ブレーカーの故障も考えられます。

安全ブレーカーの劣化で原因が故障している場合は、ブレーカーの寿命が理由かもしれません。
ブレーカーの寿命は10~13年です。いつからブレーカーを使用しているかも確認してみてください。

このように電気を使い過ぎていないのに安全ブレーカーが落ちてしまう場合は、故障も疑ってみた方がいいでしょう。
故障かも?と思ったら大きな事故に繋がってしまう前に、専門の業者に調査を依頼しましょう。

もちろん弊社、町の修理屋さんでも承っているので、不安なことがあったら何でも相談してみてくださいね!

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ