換気扇から異音がキーンと鳴るときの原因と予防法を解説します!

換気扇から変な音してませんか?

換気扇は毎日使うため、ホコリや汚れが付きやすいです。

そのホコリや汚れが溜まると、換気扇から異音が聞こえるようになります。

異音にもいくつか種類があり、「キーン」という音が鳴るのは主に経年劣化が原因です。

できれば、この「キーン」という音を止めたいですよね?

異音を止めるために、自分でできることはいくつかあります。

この記事では、換気扇が「キーン」と鳴るときの原因と予防法を簡単に解説します。

換気扇から異音が鳴ってるのは故障?

換気扇から異音が鳴るのは、必ず原因があります。

【異音の主な原因】

  • ゴミや油汚れ
  • プロペラの劣化
  • 金属部分のサビ
  • モーターの劣化
  • ネジの緩み
  • 潤滑油不足

など、たくさん考えられます。

異音の原因によって鳴る音が違うので、ある程度推測はできますが断定は難しいです。

修理が必要なこともある

換気扇から異音がする場合、そのままにしておくと故障する可能性が高いです。

そのため、早めに対処しましょう。

自分でできることは主に『掃除』『簡単な修理』です。

しかし、掃除や修理をしても直るとは限りません。

特に設置してから年数が経っている場合は、修理よりも交換をおすすめします。

まれに、換気扇は故障していないのに鳴ることもあります。

換気扇が「キーン」と鳴る原因って?

ここからは音が鳴る原因について解説していきます。

「キーン」という異音は主に経年劣化が原因なので、自分で修理するのは難しいかもしれません。

また、設置してから時間が経っている場合は、複数箇所が原因の可能性も考えられます。

壊れかけている

換気扇の経年劣化によりプロペラの回転がズレたり、水滴や湿気が原因でサビていることがあります。

換気扇の寿命は約10年と言われていますが、使用頻度によって早くなることもあります。

この場合は交換が必要です。

プロペラが劣化している

プロペラにゴミが付いていたり、摩擦による消耗と劣化が原因の場合があります。

プロペラをきれいに掃除することで、異音が止まることもあります。

換気扇本体が劣化

換気扇本体のトラブルも考えられます。

  • 換気扇を動かしているモーターの寿命
  • 取り付けているネジが緩んでいる
  • ホコリや油汚れにより、回転バランスが崩れている

掃除をして、しっかり部品を取り付けると直る場合があります。

オイルや潤滑油不足

ファンやプロペラを回すための、回転軸を滑らせる潤滑油が足りていないと異音がする場合があります。

この場合は注油すれば直ることがあります。

予防するにはどうしたらいい?

異音が鳴らないように、または異音がする場合は『掃除』をすることが重要です。

掃除をすることで、異音を止められる場合があります。

また、定期的に掃除することで異音の発生を防ぎ、換気扇を長持ちさせることができます。

定期的な掃除がベスト

家の中で一番汚れるのが、キッチンにある換気扇です。

掃除を始める前にブレーカーを落とすか、電源プラグをコンセントから抜いておきましょう。

レンジフードが付いている場合は、先に掃除をしてカバーを外します。

次に、フィルターやファンなどを外します。

キッチンは油汚れが多いので、アルカリ性洗剤を使います。

【主なアルカリ性洗剤】

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • キッチンの換気扇用洗剤など

※アルカリ性洗剤を使う時は、ゴム手をして手荒れに気を付けましょう。

漬け置き洗い

外した部品は漬け置き洗いをします。

  1. お湯をためて重曹を入れてかき混ぜる
  2. 1時間ほど漬け込んでおく
  3. スポンジなどでこすり洗い
  4. 水分は乾かしてから設置する

割合の目安は、水10Lに対し重曹1カップ(200ml)です。

ダンボールの中に大きなゴミ袋を入れ、その中に漬けておけば周りを汚すこともありません。

拭き掃除

換気扇の外せない部分には、セスキ炭酸ソーダがおすすめです。

スプレーボトルに500mlの水と、セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を入れて混ぜます。

布にスプレーして、換気扇の外せない部分を拭きましょう。

キッチンの換気扇用の洗剤を使う場合は、洗剤が残らないように拭き取りましょう。

キッチン以外の換気扇の掃除

浴室やトイレの換気扇は中性洗剤で掃除します。

できるところまで部品を外し、外せない部分はそのまま掃除します。

基本的に拭き掃除できれいになりますが、汚れがひどい場合や拭きにくい場合は漬け置き洗いをしましょう。

換気扇の内部に水分が残ると、カビの原因になります。

外した部品は乾かしてから、元に戻しましょう。

油をさしてみる

換気扇の内部を掃除したら、さらに潤滑油を塗ると効果的です。

ファンを外したの部分に、付け過ぎないように気を付けて塗りましょう。

モーターを取り出して分解し、ベアリングに油を差すと動きが滑らかで音も静かになります。

ここまでできると換気扇の調子は良くなると思いますが、相当な時間がかかります。

自分ではできないと思ったら、専門業者にクリーニングを依頼することもできます。

換気扇の異音が直らないようなら

ここまで掃除方法を解説してきましたが、それでも異音が直らない場合は専門業者に依頼しましょう。

修理が可能か、それとも交換が必要か教えてくれるはずです。

もし10年近く使っているなら、掃除や修理の手間を考えると交換をおすすめします。

なぜなら、換気扇に限らず電化製品は使っているうちに部品が劣化していきます。

修理で一時的にトラブルが解決したとしても、また近いうちに再発するかもしれないからです。

それなら修理にかかる費用を、そのまま新品に交換するために使う方が効率が良いと考えます。

プロに頼んで早めに直してもらおう!

換気扇から異音がするようなら、まずは自分で掃除をしてみましょう。

掃除をしてもダメな場合や、使用年数が長い場合は専門業者に点検してもらうことをおすすめします。

プロに頼むことで、自分ではできない部分の掃除や修理をしてもらえます。

もし直る可能性が低い場合は、そのまま交換してもらいましょう。

その後約10年使えることを考えれば、交換する費用もそう高くはないと思います。

換気扇から音がする場合や、汚れが落ちなくて交換したい場合などお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す