カメラ付きのインターホンの取り付け方と魅力ある機能について解説します

昔はドアチャイムと電話のような機器のセットが主流だったインターホン。しかし近年では誰が来たのか映像で分かるものや、録画機能を搭載したものまで販売されるようになりました。
新築の家ですとはじめから高機能なインターホンを備えているところも多いと思いますが、まだまだ少し前の世代の、シンプルな機器を使っているところも多いのではないでしょうか。
最近のインターホンはとにかく高性能です。その防犯機能の良さからも、ぜひ取り替えたいところですよね。そこでこの記事では、カメラ付きインターホンの機能や自分で取り付け作業をする場合の手順や注意点についてご紹介します。
それでは順番に見ていきましょう。

カメラ付きインターホンの対応する機能

通話中のカメラ付きインターホン

はじめにカメラ付きインターホンが備えている機能についてご紹介します。
すべての機器に下記すべての機能がついているわけではありませんが、代表的なものをいくつかピックアップしました。これらの機能はとても便利です。しかし機能が増えれば増えるほど、機器代も高くなり作業コストがかかってしまいます。自分に必要な機能をしっかりと見極めてくださいね。

録画機能

1つ目は録画機能です。
録画機能では来客が訪れてインターホンを押したときに、その姿を自動で録画しておいてくれるというものです。帰宅後に誰が訪れたのか分かるところがよいですよね。空き巣や不審者は、事前に家に誰もいないことを確認するためにインターホンを鳴らしたり下見に来たりすることが多いそうです。あらかじめ映像で不審人物を特定できれば、防犯性も高まります

ボイスチェンジ機能

インターホンで話す際に、相手に聞こえる自分の話し声を変えてくれる機能です。特に女性や学生のお子さんだと、訪れるセールスマンなどがなかなか帰らないといった問題が起こることもあります。そんなときボイスチェンジ機能があれば、相手に隙を見せることなく手軽にお断りすることもできますよね。

レンズの幅を調整できる

カメラ付きのインターホンでは、そのカメラの方向やレンズの角度を上下左右斜めへ自由自在に調整できます。背の低い人が来たときにレンズ角度を下げたり、逆に背の高い人が来たときはレンズを上げることができます。訪問者の身長を問わずしっかり確認できるところが嬉しい機能です。

夜でもボタンの位置が分かる

ドアライトがない家庭や、窓やドアのガラスから漏れる室内灯が届かない家庭だと、玄関先が暗くなりがちですよね。そうなると夜間はどこにインターホンの呼び出しボタンがあるかも分かりづらいです。しかし近年は呼び出しボタンをLEDライトで照らしてくれるものもあるので、探す手間をかけさせません。

カメラ付きインターホンは取り付けられる?

パナソニックのカメラ付きインターホン

次に、カメラ付きのインターホンは自分で取り付けられるのかを確認してみましょう。

自分で取り付けができる場合

自分で取り付け作業ができるインターホンは、以下の2種類のみとなっています。

・コンセント(電源プラグ)式のインターホンを使っている
・乾電池式のものを使っている

上記の場合は、比較的シンプルな取り付け手順をとっているものが多いので、DIYや機械いじりが得意な方は簡単にできるかもしれません。

自分で取り付けができない場合

反対に、自分で取り付けができない条件は下記のとおりです。

・親機がケーブルで直接接続されている。
・電話などの他の機器に接続されている

これらの場合は複雑な配線が必要になるだけでなく、「電気工事士」の資格を持つ人のみが作業に携われます。無資格者が作業するのは法令違反となるだけでなく、感電や漏電、そのほか思わぬ事故の原因となってしまうので控えましょう。

インターホンの取り付け方

次に、インターホンの取り付け方について簡単にご紹介します。

子機の取り付け準備

まずは子機(玄関に取り付ける機器)の取り付け準備をしましょう。

①既存機器のネジを外し、本体を接地面から取り外します。

②チャイム用のコードを慎重に外してください。

③最後に台座を外したら準備は完了です。

子機の取り付け

①新しい玄関子機を先ほど外した台座に取り付けます。この際、台座の位置が合わないとドリルなどが必要になるので、あらかじめ製品カタログなどでチェックおいてくださいね。

②チャイム用のコードを接続し、本体をセットします。

③場所をしっかりと合わせてネジを留めます。

以上で子機の作業は終了です。

設置が完了したカメラ付きインターホン(子機)

親機の取り付け準備

親機の取り付け方法を確認してみましょう。
まずは取り付け準備から始めますが、手順は子機とあまり変わりません。

①親機を上に持ち上げて外します。

②チャイム用コードの接続を解除します。

③慎重に台座を外します。この時、壁を傷つけないよう気をつけましょう。

親機の取り付け

①新親機の台座を取り付けます。外した場所に合わせて行いましょう。

②コードを本体に取り付けます。

③しっかり所定の位置に固定されたことを確認します。

④電源コードを入れ、無事に動作するか確認したら作業は完了です。

自分でできなさそうな場合は……

このように手順を文字に書き出すと一見簡単なようにも見えますが、やはりどうしても自分では難しいと感じる人もいると思います。電気工事士の資格が不要だからといっても、配線に直に触れるのは少し怖いですよね。
そんなときは、工事のプロに依頼してみるのはいかがでしょうか。

プロにお願いして取り付けてもらおう

「たぶん資格が必要な工事っぽい……」
「難しそうだし、もし失敗してしまったらどうしよう……」

そのように考えている方は、ぜひ街の修理屋さんにお任せください。
街の修理屋さんでは、知識と経験豊富なスタッフが年中無休で皆さまの相談や依頼をお受けしております。
はじめは無料で見積もり・相談に対応していますので、気になる点があれば気軽にご連絡くださいね。メールと電話のどちらでもご連絡していただけます。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ