コンセント増設の種類と方法!費用相場や注意点を解説

「新しく家電を買ったけども家のコンセントが遠くて使えない」「コンセントの差込口が足りなくてタコ足配線状態で使用している」などでお困りの人は多いはず。

たこ足配線や延長コードの使用では一か所に大きな負荷がかかる為ブレーカーが落ちやすくなる他、コードに足を引っかけてしまうなどデメリットが多くあります。

そんな時におすすめなのがコンセント増設です。ここではコンセントを増設する際のお役立ち情報を解説していきます!

コンセント増設が必要になる場面

  • アンテナ専用コンセントが欲しい。
  • エアコンを設置したいがコンセントのボルト数が足りない。
  • 新しい家電を購入したが設置場所にコンセントがない。
  • たこ足配線状態になってしまっている。
  • ウォッシュレットを設置したい。
  • 専用回路が必要な家電を購入した。
  • EVを購入したので屋外に充電用コンセントが欲しい。

などなど。様々な場面でコンセントの増設をしたくなる場面があるとおもいます。

実はコンセントは使用目的や用途によって、適した増設方法が異なります。次はコンセント増設の種類を解説していきます。

コンセント増設の種類

コンセントを新規増設する

新規増設の場合は分電盤から配線を引く方法と既存のコンセントから分岐させる方法の二種類があります。コンセントの使用目的や増設したい部屋の間取りによって、どちらの増設方法がいいのかも変わってきます。

新規増設が望ましい場合

  • 新しい家電を購入したが設置場所にコンセントがない。
  • ウォッシュレットを設置したい。
  • 専用回路が必要な家電を購入した。
  • EVを購入したので屋外に充電用コンセントが欲しい。

コンセントの差込口を増設する

差込口増設

コンセントの差込口を増やす場合は元から配線がある為あまり時間もかからず費用も数千円~数万円程度です。しかし電力消費の大きい家電を使用する場合は分電盤から配線を新しく引いての増設になる為、費用が通常に比べて高くなってしまいます。

差込口の増設が望ましい場合

  • たこ足配線状態になってしまっている。

コンセントのボルト数変更をする

コンセントのボルト数のみの変更は分電盤から変更可能になっています。そのため増設工事は必要ありません。分電盤の型が古い、経年劣化がひどい場合は分電盤への修理・交換等の工事が必要になる為、その分の修理費用が多くかかってしまいます。

ボルト数変更が望ましい場合

  • エアコンを設置したいがコンセントのボルト数が足りない。

このようにコンセントの増設方法にはいくつかの種類があります。増設するコンセントの使用目的や、場所によって適切なコンセント増設方法を選ばなければなりません。増設前に確認しましょう。

コンセント増設の注意点と方法

新規増設なら分電盤の空きをチェック

分電盤とは家の電気を一つにまとめて管理している箱のようなものです。分電盤の中にはブレーカーが複数個入っており、契約量以上の通電があった時、漏電が起こった時に電流を遮断してくれます。

既設コンセントからの分岐なら問題はありません。しかし新規でコンセントを増設する際、分電盤の電気許容に空きがないと、分電盤自体を交換しないとコンセントの増設ができません

空き状況はとても簡単に確認できます。

分電盤を開けた際に、安全ブレーカー(写真の右側に複数個並んである小さなブレーカーのこと)に配線がつながっていない。または安全ブレーカーを設置できるスペースが有る場合は電気許容に空きがあります。

増設工事には資格が必要

コンセントの増設工事は電気工事に分類されます。電気工事は工事士資格を持っていないと行うことができないという決まりがあるためDIYは不可能です。もし自力でやって失敗すると大変なので業者に依頼して増設してもらうのが一般的です。

増設の方法

コンセントの増設方法は大きく分けて二つあり一つは露出型、もう一つは隠蔽型です。下記の説明を参考に、どちらの増設方法が自分の目的や希望にかなっているかじっくり考えましょう。

露出型

露出型はその名の通りコンセントの配線を隠さないで増設する方法のことを指します。露出配線の特徴は配線を隠さないため好きな場所にコンセントを増設することができるという点です。しかし写真のように配線とコンセントボックスが丸見えで見栄えが悪いため、部屋の雰囲気を損なってしまう恐れがあります。

隠蔽型

隠蔽型はコンセントの配線を壁の中などに通すことで配線を目立たせずにコンセントを増設することができる配線方法です。一般的なコンセントはこのタイプが多く、特徴は配線が見えないため部屋の景観を損なわないことです。ですが部屋の構造や壁の配線に左右されることから設置場所の融通が利きません。その他にも壁に穴をあけての作業や補修の費用も含めて余分に費用がかさんでしまいます。

増設にかかる費用相場と所要時間

費用相場

コンセント増設の費用は工事の内容によって少しずつ変わってきます。差込口の増設は5,000円~、コンセントのボルト数の変更は6,000円~、既存配線からの分岐増設はおよそ12,000円~、分電盤からの配線接続は16,000円~といった感じになっています。

ですがあくまでこれは相場であって追加で工事や修理、部品などが必要となるとまた価格が前後します。

工事にかかる時間の目安

工事時間は差込口の増設で30分~1時間程度、分岐増設・新規増設・ボルト変更は1時間~2時間程度が目安になります。こちらもあくまで目安なので、分電盤の劣化が激しい場合や他の工事が必要になる場合にはその分の時間も加算されます。

コンセント増設の際に考えられる事故

コンセントの増設は前述したとおり電気工事に分類されます。そのため知識を持って作業しないと事故やけがの原因になってしまいます。

転落によるけが

作業する場所が高所であったりすると作業時の転落も考えられます。また狭い場所での作業はけがをしてしまうことも考えられるので注意しましょう。

感電による事故

コンセント増設は電気配線を触る工事になる為、もちろんブレーカーを落としてからの作業になります。ですがそれを知らずに素人が作業してしまうとショートしてしまい、感電事故などにつながる恐れがあります

漏電トラブル

電気配線がむき出しになっていたり、水濡れしやすい場所にあるとショートや漏電の大きな原因になります。そのため施工後にはしっかりと配線の処理をしなければなりません。漏電は火災の原因にもなるので特に注意しましょう。

コンセント増設はDIYせずに業者に依頼しよう

このようにコンセント増設は注意点や失敗した際のリスクがとても大きいため、自力では行わずに資格を持った電気工事業者に依頼するようにしましょう

街の修理屋さんでは、コンセントの増設工事依頼をお受けしております。
資格を持っていない人は、ぜひご連絡ください。豊富な知識と経験を積んだスタッフが、素早く対応いたします。

気になることがあれば、まずは無料の相談・見積もりからどうぞ。
街の修理屋さんでは、年中無休で、毎日午前9時~午後10時まで対応しています。
お待ちしております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す