ペットのためにエアコンをつけっぱなしにするべき【28度で運転】

「ペットを飼い始めて、初めての夏が来る。日中は家にいないけれど、ペットのためにエアコンは、つけっぱなしにした方がいいのかな?」という悩みのある方は、多いでしょう。エアコンを長時間運転させると、電気代は高額になります。しかし、ペットが熱中症になってしまうことは避けたいので、悩ましいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • ペットのためにエアコンをつけっぱなしにするべき
  • ペットが快適に過ごせるエアコンの設定温度

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの疑問解消に役立ててくださいね。

ペットのためにエアコンをつけたままにするべき

ペットのためにエアコンをつけっぱなしにするべき

猫や犬などペットは、家の中で飼っている方が多いでしょう。

室内でペットを飼うときに注意しなければならないのは、部屋の温度です。猫は先祖が砂漠生まれなので暑さに強い特徴があります。しかし、犬は暑さに弱い動物です。

犬が快適に過ごすためには、室内の温度を調節することが必要です。犬には室温調節はできないため、飼い主が調整をしてあげることが必要です。

特に猛暑のときなど、熱中症対策は飼い主が考える問題です。

ペットが快適に過ごせるエアコンの設定温度

ペットが快適に過ごせるエアコンの設定温度

ペットを室内で飼っているとき、最適な温度はどのくらいでしょうか。

個体差があるため一概には言えませんが、基本的には28度前後にしておきましょう。

犬が快適に過ごせる気温は22度前後です。犬以外のペットでは、最適な温度は異なります。

同じ犬でも22度が最適な犬もいれば、25度が最適な犬もおります。犬種や体毛の長さ、犬それそれの性質次第で最適な気温は変わります。そのため一概にどの温度が良いということは言えません。

ペットの求める温度がまだ分からないときは、ひとまず28度前後にしておきましょう。寒くもなく暑くもなく最適な環境で過ごすことができます。

ペットのための熱中症対策グッズ

ペットのための熱中症対策グッズ

ペットの熱中症対策には、エアコンの調整のほか、市販のペット用品も活用しましょう。

次に、ペットのための熱中対策グッズについて見ていきましょう。

クール素材の洋服

ペットのための服やおもちゃは沢山の種類があります。ペットを大切にしている家庭では、ペットが快適に楽しく過ごせるよう沢山のおもちゃを買い与えているでしょう。

そのため、今ではペット用品にはさまざまなものがあります。ペット専用のクール素材の洋服も用意されています。

触れた時に冷たく感じる素材でできた洋服や、夏用の洋服なども多数あります。

ペット用ジェルマット

暑さに弱いペットのためにジェルマットも販売されています。

ジェルマットは、温・冷の両方に対応しているものもあり、数千円程度と比較的安価です。

ペット用のジェルマットは、サイズもさまざまで、猫や小型犬から大型犬まで対応しています。

エアコンの電気代を節約する方法

エアコンの電気代を節約する方法

ペットのためにエアコンをつけっぱなしにすることで、電気代が気になる方もるでしょう。ここではエアコンの電気代を節約する方法を見ていきます。

室外機を掃除する

エアコンの電気代を節約するための方法として、エアコンの室外機を掃除するという手段があります。

エアコンの室外機を掃除することで、エアコンの運転効率が上がります。設定温度の微調整を繰り返さなくても、快適な室温になります。

エアコンの室外機が掃除されず、汚れている状態のままにしておくと、運転効率が下がります。その結果、電気代がかさんでしまいます。

掃除の方法が分からない場合は、業者にクリーニングを依頼することも可能です。街の修理屋さんでもうけたまわっております。

エアコン内部を掃除する

エアコン内部を掃除することも、節電に繋がります。

エアコン内部を掃除することで、エアコンの運転効率が上がり、エアコンの電気代を抑えることができます。

また、エアコンの内部が汚れていると、汚い空気が部屋の中を循環し、ハウスダストや花粉など体に影響を与える物質が空気中に浮遊し、それを吸い込んだ人やペットがアレルギーになることもあります。

そのようなことにならないよう、エアコンの内部は常にキレイにしておくべきです。

室内機と室外機を掃除する場合、まとめて業者に依頼することもできます。

まとめ

ここまで、ペットがいるご家庭に向けて、ペットのためにエアコンはつけっぱなしにするべきとご紹介してきました。

ペットの中でも特に犬は、暑さに弱いため、エアコンを利用して室温調整してあげることが必要です。

室温調節では、大体28度くらいに設定しておくことで、大抵のペットは快適に過ごすことができるでしょう。

まずは28度に設定して暑がっていないか様子を見ることで、冷感マットなど他の暑さ対策グッズの必要性も検討できます。

また、エアコンをつけっぱなしにすることで電気代が気になるところです。節電のためにはエアコンの室外機、室内機を掃除しておきましょう。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ