エアコンの寿命は10年?壊れる手前の状態チェック方法教えます

「買ってから10年は経つエアコン、そろそろ故障するのではないかと不安」

「最近エアコンの調子が悪い……何年も前に買ったものだし、そろそろ寿命?」

そんな不安を抱いたことはありませんか?

夏の暑い時期はフル稼働とはいえ、他の時期には気にすることの少ないエアコン。

頻繁に購入するものでも、常に状態チェックするものでもないので、実は寿命も耐用年数も知らないという方が多いのではないでしょうか。

そこで今回はエアコンの寿命について解説しますね。

エアコンの寿命は10年目安

上記のエアコンの緑のマーク部分のように、製造年から寿命をある程度計算も可能

「エアコンの寿命はいつまで?」の疑問に対する回答は「およそ10年から15年程度」です。

大抵のエアコンは、10年以内であれば不具合が起きても修理すれば直ることが多いです。

エアコン内部のパーツが壊れたときなども、メーカーに問い合わせてパーツを取り寄せれば、パーツの交換だけで修理が完了できます。

しかし、メーカーもたくさんのエアコンを製造している以上、過去に販売したすべてのエアコンのパーツを作り続けている訳ではありません。

製造販売から10年が経過する頃には、メーカー側もパーツの製造を終了していることがあります。

パーツ交換だけで直るタイプの故障であっても、肝心のパーツがすでに販売されていない状況では修理ができません。そのため10年を超えると壊れた時に直せないと考えても良いでしょう。

また、10年を超えたエアコンは経年劣化による不具合が起きやすくなります。そのため、10年から15年程度で寿命を迎えることが多いです。

寿命を迎えて壊れるときの前兆

エアコンの寿命は10年程度から15年と幅があります。

機種や使用環境、使用頻度等により、いつ寿命を迎えるかは異なります。

「うちのエアコンもそろそろ10年目を迎えるけど、もう壊れるのかまだ大丈夫か知りたい…」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで、エアコンが寿命により壊れてしまう時に見せる前兆をご紹介します。

水漏れ

エアコン室内機本体からぽたぽたと水が漏れていませんか?

正常稼働しているエアコンは、本体からも室外機からも水が漏れることはありません。

水漏れが起きている=内部でなんらかの異常が起きている と考えるべきです。

エアコンの水漏れ原因は、エアコン内部にあるドレンパンに溜まった水が落ちてくるパターンや、内部で結露した水が落ちるパターンなど様々です。

しかし、大抵寿命を迎えたエアコンは内部でも少しずつ不具合が起き始めます。

水漏れはその前兆のひとつです。

変な音がする

エアコンはルーバーなど動くものがあるので、稼働時にまったくの無音というわけにはいきません。音が静かな機種もありますが、基本的には多少は音がするものなのです。

しかし、買った当初にはしなかったような音が鳴る場合には故障が考えられます。

ドレンホースにゴミなどが詰まるとポコポコとした音が鳴ります。

温度変化で内部のプラスチックパーツがきしむとミシッとした音や、パキッといった何かが割れる音が鳴ります。

フィルター自動清掃機能のあるエアコンから、ギギギときしむような音が鳴ったら自動掃除が阻害されています。

ガラガラとくぐもる音が鳴る場合、ファンの回転部分が破損している状態です。

コンデンサーやコンプレッサーが劣化するとキーンという高い音が鳴ります。

このように破損個所や劣化により「通常聞かないような音」が鳴ることがあります。

長く使っているエアコンから異音がしたときは、寿命による故障の可能性を考えた方が良いでしょう。こうした音も前兆の一つです。

変なニオイがする

異音と同じように、エアコンから異臭がするときも故障を疑いましょう。

なお、エアコンの異臭は稼働時にのみ発生するものです。エアコンの電源が切れている時にも異臭がしたら、原因はエアコンではありません。他の原因を探りましょう。

エアコンの異臭にも様々な原因があります。下記記事にて詳しく解説しておりますので、こちらご参照ください。

この異臭もまた、エアコンの寿命が来る前兆のひとつです。

リモコンが反応しない

リモコンを押してもエアコンが反応しないとき、リモコンが全く効かない時などはリモコンか本体のどちらかに問題があります。

リモコンの電池を交換したり、ボタンを押したときに光ったりする場合は、本体側に問題があります。

エアコンは経年劣化で基盤や受信部に不具合が生じることもあります。そのため、リモコンが正常なのにボタンを押しても反応しないならば寿命が来たのだと考えられるでしょう。

リモコンの不具合や動作確認につきましては、下記の記事にて詳しく解説しています。

冷房が冷えない・暖房が温まらない

冷房や暖房がうまく動作しないときは、エアコン室内機よりも室外機に問題が生じている可能性が高いです。

例えば、冷房設定で稼働させているのに冷えない時などは、空気を冷やすための冷媒ガスが不足している可能性が高いでしょう。

冷媒ガスの不足も、その他トラブルも、室外機を確認する必要があります。

室外機や冷媒ガスが原因の場合、ガスチャージなどの対応が必要になります。

これらのトラブルも、エアコンが寿命を迎える頃に起こりやすい現象です。「冷えなくなってきた」「暖かくなくなってきた」と感じた時は、そろそろ壊れてしまう前兆だと判断しても良いでしょう。

修理と買い替えどっちがお得?

経年劣化した古いエアコン室外機

エアコンにトラブルが起きた時、修理してそのまま使うか、新しいエアコンに買い替えるべきか悩むところでしょう。

エアコンは、けっして安くはない大型家電です。修理はともかく交換の際は大きな出費となります。そう簡単に結論は出せないですよね。

けれど、10年稼働させたエアコンに関していえば、修理よりも交換の方がお得なんです。

本記事の最初の方で述べたように、購入から10年経過したエアコンの場合、交換用のパーツをメーカーが製造していない可能性があります。この場合、そもそも修理ができません。修理を依頼し点検費用を支払った後で、やっぱり修理ができなかったと返されてしまうと点検費用と交換費用と両方の金額が発生してしまいます。それならば、最初から交換するつもりで新しいエアコンを購入した方がお得ですよね。

また、寿命を迎えたエアコンは、1か所が直っても次は別の箇所が故障することもあります。

前回修理ができたとしても、次回の修理に必要なパーツが手に入るとは限りません。

せっかくパーツを取り寄せて修理費用も支払って直したエアコンが、1週間後にまた壊れてしまうなんてこともあり得ます。

古いエアコンほど壊れやすく直りづらいと考え、故障した際は交換を検討することをおすすめします。

購入と下取りでお得

家電量販店などのエアコンコーナーを見ていると、「古いエアコン下取りします!」と書かれていることが多くあります。

大抵の家にはすでにエアコンがあるため、新規購入の際には古いエアコンの撤去と処分、下取りを行って購入費用をお得にできるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用すれば、購入費用が安くなるだけでなく、古いエアコンの取り外しや処分といった面倒な手続きを行わずに済みます。

少しでもお得に、楽にエアコン交換を行うためには利用することをおすすめします。

エアコントラブルは早めに依頼

設置した新しいエアコン

梅雨も明けて夏の暑さが増してくると、エアコンのトラブルは起こりやすくなります。

直射日光で温められた室外機が不具合を起こすなどの環境要因もありますが、それだけではありません。

エアコンは夏しか使用しない家庭など、「久々に稼働させたエアコンがおかしい」とトラブルに気付くこともあるのです。

本当は前年夏の終わりに寿命を迎えていたことに気付かず、そのまま稼働させてトラブルが発覚することもあるのです。

それだけではなく、他の季節には必要ないと思っていたものの、やはりエアコンが必要だと夏の暑さで実感した結果、エアコン設置を依頼することもあります。

このように夏はエアコンのトラブルや設置工事が格段に増えるのです。

そのため、「まだ使えるから大丈夫」と安心せず、少し不具合があるなら暑さが本格化する前に修理や点検の依頼をしましょう。

新しいエアコンへの買い替えに関しても同様です。

夏の最も暑い日にエアコンが動かなくなる前に、エアコンが寿命を迎えていないか確認しておきましょうね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す