三つのポイント

喉が痛いのはエアコンのせい?徹底対策で痛みとおさらば!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

夏の必需品であるエアコン。 
ただ暑さをしのぐだけでなく、熱中症防止のためにも必要です。 
今年はコロナ自粛もあり、エアコンをつけた自宅の部屋で過ごすことも多いことでしょう。 
そんなエアコンですが、エアコンをつけると喉が痛くなる…という人も多いのではないでしょうか。 
その原因は乾燥や口呼吸、さらにはカビという可能性もあります。 
今回の記事ではエアコンで喉が痛む原因から対策までお話しします。 

エアコンを付けると喉が痛い!原因は? 

・乾燥 
エアコンをかけると、風が吹き、空気が巡ります。 
濡れているもの、水分のあるものは風に吹かれたり空気が巡ることにより、水分の蒸発が早まります。 
そのため、私たちの体も乾燥した状態になってしまうのです。 
当然、喉も乾燥し、イガイガと痛くなってしまいます。 


・クーラー病(冷房病) 
一度はクーラー病という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 
クーラー病とは、室外と室内の気温差(温暖差)により、自律神経のバランスが崩れてしまった状態のことを言います。 
寒暖差が大きかったり、何度も暑い室外と涼しい(寒い)室内を行き来したりする事で起こります。 
風邪に似た症状で、喉が痛くなったり鼻水・せきが出たりもします。 
また、粘膜が乾くと、ウイルスが付着しやすくなるので、そのまま本当に風邪をひいてしまうことすらあり、注意が必要です。 


・口呼吸をしている 
通常、喉は吸い込んだ外気に含まれているホコリや花粉、ウイルス、細菌などの外敵を体内に侵入させないように防御システムが備わっています。 
喉の粘膜に付着させ、外へと追い出すのです。 
しかし、口呼吸をする事で喉が乾燥してしまうと、この防御機能が低下してしまいます。 
それにより、喉が痛くなるだけでなく、ウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうのです。 
風邪などで鼻が詰まってしまっている時などは仕方がありませんが、普段から鼻呼吸を意識すると良いですね。 


・エアコン内がカビている 
エアコンの内部には水蒸気が溜まっています。 
そのため、元々とてもカビが発生しやすい状況にありますが、掃除はとても行いにくいもの。 
エアコン内部でカビが発生している状態でエアコンを付けると、風に乗ってカビが部屋中に飛散していきます。 
部屋中に飛散したカビを吸い込み、喉が痛くなるのです。 
カビを吸い込んでいると考えると、ゾッとしてしまいますね。 

エアコンを付けると喉が痛い。対策は?

それでは、エアコンを付けると喉が痛くなるのを防ぐには、どうすればよいのでしょうか。 
乾燥に関しては、加湿が有効です。 
夏場は加湿しすぎるとジメジメして余計に暑くなってしまうので注意が必要ですが、乾燥しすぎないよう、適度に加湿して湿度に注意しておくとよいでしょう。 
さらに、こまめに水分補給をします。 
喉も潤い、脱水症状も防げて一石二鳥です。 

クーラー病(冷房病)の場合は、温度を下げすぎないことが大切です。 
先述したとおり、外との寒暖差が大きいほど起こりやすくなります。 
外の気温が高ければ高い程、冷房も強く温度を下げたくなるものですが、グッとこらえ、下げすぎないように温度設定をしましょう。 
暑い室外と寒い室内の行き来もなるべく少なくした方が体への負担が減ります。 

そして一番厄介なのがエアコン内のカビ。 
カビに関しては、とにかく掃除です。 
一度発生してしまったカビは、放っておいても消えないどころか、どんどん増えてしまいます。 
定期的にエアコンの掃除をして、エアコン内部をきれいにしておきましょう。 

夜間・就寝時のエアコンはどうする? 

真夏は夜になっても暑いですよね。 
就寝時もエアコンをつけたままにする方も多いのではないでしょうか。 
それでも、時間が経つと寒くなることもありますのでタイマー運転にしておくのが良いでしょう。 
また、エアコンの風が直接体に当たると、これも喉を痛める原因となってしまいます。 
エアコンの風向きを変えたり、寝る場所をずらしたりして、直接風が当たらないように工夫すると良いですね。 

エアコンのクリーニングは業者に依頼しよう 

エアコン内部のカビは、掃除意外に取り除く方法はありません。 
自分で掃除をする人もいます。 
エアコン周りを養生し、カバーを外し、掃除機をかける。 
フィルターのホコリを中性洗剤とぬるま湯、歯ブラシなどで落とす。 
エアコン内部にも掃除機をかけ、洗ったフィルターは乾かし… 
と、とても大変な作業になってしまいます。 
また、エアコン内部には、電子基板やモーターなど複雑な部品がたくさんあります。 
これらの分解・洗浄となると、専門家でなければ故障の原因にもなってしまいます。 
安全に徹底的に掃除するには、業者にお任せした方が早くて安心です。 
『街の修理屋さん』では、エアコンのクリーニングを税込み5,500円〜承っております。   
お見積もり・ご相談は無料です。  
また、エアコンのクリーニングだけでなく、エアコンや室外機の点検・修理、インターホンの取り替えなども行っております。  
ぜひお気軽にご相談ください。

 

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す