LEDのメリットと買い替えの必要性を徹底解説!


「LEDは長持ちするから、長期的に考えるとお得と聞いた。でもLEDに交換すると、本当に得するのかな?」という疑問を持ったことはありませんか。LEDのメリットはよく宣伝されていますが、本当に買い替えが必要か分からないですよね。お得さを求めて交換したのに、損をしては元も子もありません。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • LEDのメリットとデメリット
  • LEDと蛍光灯の電気代の比較

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明の情報収集に役立ててくださいね。

LEDのメリット

LEDのメリット

寿命が長い

蛍光灯の寿命は、約6,000~12,000時間と言われています。1日8時間点灯していたと仮定すると、約4年程度で寿命が来ます。
LEDは蛍光灯と比べると非常に寿命が長いのが特徴です。LEDの寿命は約40,000時間と言われており、1日8時間点灯していたとしても10年以上は交換が不要になる計算です。

電気代が安い

LEDは蛍光灯よりも光を作るための消費電力が少ないので、電気代が安くなります。蛍光灯の1時間あたりの電気代は3.1円なのに対し、LEDの一時間あたりの電気代は1.2円です。

1日8時間照明を使っていると仮定すると、蛍光灯の電気代は年間で約9,000円もかかるのに対して、LEDは約3,700円と大幅に安くなります。

発熱量が少ない

蛍光灯は、内部にある水銀に電圧をかけて紫外線を発生させ、蛍光塗料にこの紫外線を当てることで光を生み出しています。しかし、このやり方は電力のロスが多く、使用電力の8割は熱として変換されてしまいます。LEDと比較して電気代が高くなる要因はこの熱に変換される電力ロスです。
一方LEDは、内部の半導体に電圧をかけて直接光を生み出しています。そのため、光を作る際に熱が発生しにくいというメリットがあります。

虫が集まりづらい

夜間に窓を開けていると、虫が寄ってきてしまったり、部屋に入ってきてしまった経験はありませんか。

特に、風を通したい夏場や、食事の際の換気などにより、窓を開ける機会は頻繁にあります。しかしそのたびに虫に寄ってきてほしくない人は多いでしょう。
蛍光灯は、内部で発生させた紫外線により蛍光塗料を光らせることで光を発生させます。蛍光灯に虫が集まる理由は、この紫外線が虫を引き寄せる特徴を持っているためです。
それに対して、LEDは光を作る際に紫外線を使わないため、虫が寄ってきづらくなるというメリットがあります

LEDのデメリット

熱に弱い

LEDには熱に弱いです。そのため、使用する環境によっては熱が原因で故障してしまうこともあります。
家庭で使用する場合は問題ありませんが、倉庫や事務所など、高温になりやすい環境でLEDを使用する際は注意が必要です。断熱材が入っているところで使用する、昼間に直接日光が当たらないようにするなどの対策が必要となります。
ちなみに、近年では熱に強いLEDも発売されています。高温になりやすい場所で使用する場合は、熱に強いタイプを使用しましょう。

価格が高い

LEDは蛍光灯と比較すると高価です。そのため「LEDに交換したいけど価格面を考えると踏み切れない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、蛍光灯をLEDに変えることで、電気代を年間数千円も節約することができます。導入時の金額は高くてもランニングコストを考えればLEDを導入した方が結果的に安くなります

暗く感じる場合がある

蛍光灯からLEDに照明を変更した際に、部屋の中が今までよりも暗く感じることがあります。

原因は、蛍光灯は全方向に光を出しているのに対して、LEDは一定の方向に光を出しているためです。全方向に光が向かないので、蛍光灯の照明と比較すると同じワット数でも暗く感じることがあります。
もしLEDに変更して部屋が暗くなった場合は、ワット数ではなくルーメンを基準に高輝度のLEDを使いましょう。

LEDと蛍光灯の電気代の比較

蛍光灯からLEDに照明を変更すると、具体的にはどのくらい電気代が安くなるのでしょうか。実際に電気代を比較して見てみましょう。

LEDと蛍光灯の電気代の比較

蛍光灯

蛍光灯は、1時間あたり3.1円の電気代がかかります。1日8時間蛍光灯を点灯させた場合、年間で約9,000円の電気代がかかります。

LED照明

それに対してLEDは、1時間あたり1.2円と蛍光灯の半額以下です。1日8時間LED照明を点灯させた場合の年間電気代を計算すると、約3,700円です。蛍光灯に比べて、約5,300円も安くなります。

大抵の家庭は、照明器具が複数台あるため、照明器具の数だけ電気代がかかります。家庭に蛍光灯が3台あった場合、全てLEDに変更することで年間約16,000円程度電気代を節約することができる計算になります。

すべての照明を一度に交換する際は、業者にまとめて依頼することもできます。

LEDに交換する方が総合的にお得

LEDに交換する方が総合的にお得

電気代や交換頻度、発熱量などを考えると、LEDに交換した方がお得です。一般的な蛍光灯を使用している方は、LEDに買い替えれば、買い替えた分だけ電気代も交換の手間も省けてお得になります。

しかし、LEDへの交換の仕方がわからなかったり、LEDがそもそも取り付けられなかったりと、LEDへの交換が難しいという場合もあるでしょう。当サイト「街の修理屋さん」では、照明の交換も承っております。5,000円から承っておりますので、LEDに変更しようか迷っているという方や、LEDに変えたいけれど電気配線の都合で諦めているという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ