漏電ブレーカーのトラブルに備えるために確認から予防まで詳しく解説!

漏電ブレーカーの役割をご存知ですか?
危険な電気の漏れをいち早く察知して危険を知らせてくれるので、私たちは安心して暮らせるようになっているのです。
万一電気が漏れてしまった時に、電気の流れを遮断してくれるので、大きな事故に繋がらず私たちを守ってくれます。

しかし、いざ漏電ブレーカーが落ちたら焦ってしまいますよね。
そこで今回は、
・なぜ漏電ブレーカーが落ちてしまうのか
・漏電ブレーカーが落ちたらどう対処したらいいのか
について詳しく解説していきます。

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明トラブルの解決に役立ててくださいね。

漏電ブレーカーと他のブレーカーの違い

ブレーカーそれぞれと特徴の違い

まずは、ブレーカーの種類やそれぞれの役割を個別に見ていきましょう。

〇アンペアブレーカー

アンペアブレーカーは、電気を使い過ぎて、決められた電気量を超えてしまった時に、電気の流れを遮断する装置のことを指します。
エアコン数台を付けながらオーブンを使ってしまった!なんていう時に家庭でもアンペアブレーカーが落ちてしまうことがあります。

電気を一度に使える量は、電力会社との契約によって異なります。
なので、アンペアブレーカーを落ちないようにするためには、一度に使う電力量を見直すか、契約アンペアを見直すようにするといいでしょう。

〇安全ブレーカー

電気は家庭に送られた電気を分電盤を使って各部屋と送られていきます。
回路ごとに分けられている各部屋の電気を管理しているのがこの安全ブレーカーの役割なんです。
回路ごとに使える電気の容量も決められているので、その容量を超えてしまったらその部屋の電気が落ちてしまいます。
アンペアブレーカーと違って、家の一部分の電気が落ちてしまうのが特徴です。

各部屋の安全ブレーカー

こちらの対処法は、たくさんの電力を使う部屋が分かっていれば、そのコンセントを別回路にすることで、安全ブレーカーが落ちるのを防ぐことができます。

〇漏電ブレーカー

そして本題の漏電ブレーカーです。
漏電ブレーカーは漏電事故を防ぐための装置です。

もし、漏電を感知した場合、電気の流れが遮断され、家全体の電気が止まるような仕組みになっています。
復旧方法は以下の項目で詳しくお話ししていきます。

漏電ブレーカーの役割

家の中で漏電をしてしまったら漏電ブレーカーが落ちるようになっています。
漏電とは、電気器具や配線の中の電気が外へと漏れ出てしまうことを指します。


なので、漏電したまま電気を使い続けてしまうと、感電や火災に繋がってしまう恐れがあるので気を付けなければいけません。
万一感電してしまうと、最悪の場合死亡事故に繋がってしまう可能性もあります。
安全に電気を使用するために、漏電から私たちを守ってくれる漏電ブレーカーは欠かせない役割ということになりますね。

急に漏電ブレーカーが落ちる理由

突然、家の漏電ブレーカーが落ちてしまった場合、どのような原因が考えられるかも見ていきましょう。

漏電している可能性が高い

やはり、漏電ブレーカーが落ちた場合、家のどこかの電気が漏電してしまっている可能性が高いです。
漏電してるかも…と思ったら、どこの回路が漏電しているかを確かめることがポイントとなります。
どこが漏電してるか確かめる方法は後述していきます。
まずは、落ち着いて慌てずに対処をしていくことが大切です。

もし、漏電している箇所がなさそうなのに、それでも漏電ブレーカーが落ちるのであれば、ブレーカー自体の故障の可能性もあります。
その場合は、安全に電気を使うためにも早めに、業者に修理と交換を依頼するようにしてください。

故障や配線でショートしている

漏電ブレーカーの故障ではない場合、電化製品の故障やコードの破損でショートを起こしている可能性も考えられます。
そのままにしておくと、感電したり火災が起きてしまう恐れがあるので、こちらも早めに業者に点検をしてもらうようにしましょう。

漏電箇所を確認する方法

漏電してしまっている場合、漏電箇所を把握することがポイントとなります。
どこが漏電しているかが分かれば、その個所以外の電気を復旧することが出来ますよ。

では、どうやってどこが漏電しているか確認する方法を解説していきます。

ブレーカーを使って確認する

どこが漏電しているか確かめる手順をまとめていきます。

1.全てのブレーカーを「切」にする。
2.アンペアブレーカーと漏電ブレーカーを「入」にする。
3.安全ブレーカーを1つずつ「入」にしていく。

1つずつ、「入」にしていくと、どこかで漏電ブレーカーが落ちるはずです。
そうなったら、そこの回路が漏電の可能性があるということになるので、原因箇所を突き止めることが出来ますよ。

漏電個所以外の部屋の電気は復旧できる

漏電している回路の安全ブレーカーだけ「切」にして、他のブレーカーを付ければ、他の部屋の電気を安全に復旧することができます。


「漏電しているのなら他の部屋の電気もつけない方がいいのでは?」と思われるかもしれませんが、電気が使えないとやはり不便です。
業者も即日依頼できるかどうか分からないので、漏電している回路の安全ブレーカーだけ「切」にすることさえ守れば通常通り電気を使用しても大丈夫ですよ。

漏電に対する不安があれば早めに業者に任せよう

上記にまとめた手順でチェックをしたのに漏電箇所が分からない!という時は、早めに専門業者に依頼をしましょう。
どこが漏電しているか分からない場合、感電や火災のリスクがあります。
大変危険なので、不安を解消して安全に電気を使用するためにも、いち早い対応が必要となってきます。

漏電ブレーカーを落とさない予防として

漏電ブレーカーが落ちてしまったら不安になるし、焦ってしまいますよね。
そうならないように、漏電ブレーカーを落とさないためのポイントを見ていきましょう。

定期的に掃除をするようにする

電気コードやプラグにホコリが溜まらないように定期的に掃除をする習慣をつけてください。
ホコリが溜まっている状態でいると、発熱の原因になり漏電へと繋がってしまうんです。
コンセント周りにホコリが溜まっていることが原因で火災が起きてしまうケースもよくあるので気を付けましょう。

電気コードや配線を無理に曲げたりしない

電気コードが絡まないように束ねている方も多いですが、そちらも注意が必要です。
電気コードを無理に曲げたり、まとめたりすることでコードへの負担や破損を招き、漏電に繋がってしまう恐れがあるからです。
無理やりコンパクトにまとめるような収納はしないようにしましょう。

電化製品の取り扱いに注意

電化製品を塗れた手で触るのも良くありません。
濡れた手で扱ったり、湿気が多いところで家電を触ると、それが原因で漏電となってしまうこともあります。
日々の習慣を少し見直すことで漏電ブレーカーが落ちるのを防ぐことができるので、是非注意をしてみてくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ