ブレーカーを交換する際の気になる費用の相場について紹介!

室内ブレーカーには、契約アンペア数以上の電流が流れてしまったときや、電流回路に異常が発生した際に電流を止め、安全を守るための役割があります。建物一つ一つにかならず設置されており、一般的な家庭であれば玄関や洗面所に設置されていることが多いのではないでしょうか。

そんなブレーカーは、実は1度付けたら放置していいものではなく、定期的なメンテナンスや交換が必要です。

「ブレーカーはいつ交換するべきなの?」
「ブレーカーを交換したいけれど、費用はいくらぐらいだろう?」

この記事では上記のような疑問を持っている人へ向けて、ブレーカー交換のタイミングや費用についてご紹介します。

ブレーカーを交換するタイミング

ブレーカーを交換するタイミングは主に2つあります。

そろそろ寿命……

一般的に、ブレーカーの寿命は10~13年程度と言われています。
10年でかならず壊れるというわけではありませんが、定期的にチェックしてみてくださいね。点検した際に、以下のような症状が見受けられた場合は要注意です。

・発熱
・焦げ
・破損
・異音

このような場合は速やかに専門業者に連絡し、詳しい検査や、必要であれば交換依頼を出すことをおすすめします。

ブレーカーは家庭内の電気に関わる安全を司っているため、劣化したまま放置しておくと思わぬ火災や感電事故に発展する可能性があるので気をつけましょう。

契約アンペア数が変わったとき

家族の同居人数の増加や、電気の使いすぎで何度もブレーカーが落ちるなどの理由で契約アンペア数を増やすこともありますよね。反対に子どもがひとり暮らしを始め、実家で一緒に暮らす人数が減ったため契約アンペア数を減らす可能性もあります。

そのような場合、電気アンペア変更工事が必要になります
工事の際にブレーカーを一緒に交換することも可能なため、電力会社に相談してみるとよいでしょう。

交換する費用はだいたいいくらかかる?

次に、ブレーカー交換にかかる費用についてご紹介します。
費用は依頼する業者によって上にも下にも変動するためあくまで目安ですが、交換時の参考にしてみてくださいね。

ブレーカー自体の交換や部品代など

一口に「ブレーカー」と言っても、分電盤には3種類のブレーカーが設置されています。
各ブレーカーの修理費用を以下にまとめたのでご覧ください。

・アンペアブレーカー:3,000~6,000円
・安全ブレーカー:4,000~6,000円
・漏電ブレーカー:9,000~18,000円

3つのブレーカーを含め、分電盤をまるごと交換する場合の費用相場はおよそ50,000~80,000円になります。

出張費や作業費、処分費など

ブレーカー交換には分電盤や各ブレーカーなどの部品代のほかに、業者の出張費や作業費なども必要になってきます。
一般的な相場費用はおよそ5,000~30,000円の範囲になりますが、業者やご自身の環境によって工事費は増減します。そのため依頼しようと考えている業者に確認したり、複数の業者に見積もりを出したりして、ご自身が納得できる条件の業者を探してみてください。

自分で取り付けられる?

前述のブレーカー本体の価格と、業者への依頼費を合わせると、だいたい10万円前後かかることがわかりました。いくらブレーカーが消耗品で、電気系統のなかでもっとも重要な部分とはいえ、高価ですよね。
そこで気になるのが、DIYやアンテナ工事のように自力で取り付けられるかどうか、という点ではないでしょうか。

電気工事の資格者でないと認められていない

ブレーカーの交換作業は、そのほかのDIYなどと違い、初心者が行うことはできません。
原則として「電気工事士」の資格保有者のみが、ブレーカー工事をしてもよいことになっています。知識や経験が不足した状態で、自力で取り付けようと思うと、感電事故や設備不良の原因となってしまいます。

また、万が一電気工事士の資格を持っていたとしても、自力でやる場合、電源が切れないため活線工事となります。常に電流が流れた状態での作業になるため、ゴム手袋をはじめ、さまざまな工具の準備が必要になるでしょう。

心配だったらプロに頼みましょう!

ブレーカー交換は有資格者のみが作業できますが、電気が流れたまま行う活線工事となるため、注意が必要です。そのため工業系出身で心得がある人でも、心配だったらプロに頼むことをおすすめします。

街の修理屋さんでは、ブレーカー交換作業もお受けしております。
基本作業費は5,000円で、測定器調査や分解調査はそれぞれ3,000円から承っております。

まずは気になるブレーカーの状態や作業内容について、相談や見積もりからお試しください。万が一点検や交換が必要になった場合は、全国各地にある拠点からもっとも近いスタッフがすぐに駆けつけます。

ブレーカーの定期点検もお忘れなく!

また本記事でもお伝えしましたが、ブレーカーは家の電気系統の安全を守る大切な設備で、消耗品です。寿命を迎えてからでは、思わぬ事故の原因となってしまう可能性があるため、寿命を迎える前に定期的な検査を行われてみてはいかがでしょうか。

街の修理屋さんでは、点検調査も承っておりますので、心当たりのある方は気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ