200V用のコンセントはすぐに設置できる?工事の流れと費用相場を解説!

コンセントは大きく分けて2つの種類があります。
一般的に使われている100Vのものと、エアコンなどの高い電力が必要となる電化製品に使われている200Vのものです。
エアコンを増設したいなどの理由で200Vのコンセントが新たに必要となった時はどのように増設したらいいのでしょうか。

今回は、
・100Vと200Vのコンセントの違い
・200Vのコンセントを増設する方法
を詳しくお伝えしていきます。

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明トラブルの解決に役立ててくださいね。

コンセントの種類

100Vと200Vのコンセントにはどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

100Vと200V

100Vと200Vのコンセントは単純に流れてくる電圧の差です。
100Vのコンセントを使っていれば100Vの電圧を使い、200Vなら200Vの電圧を1度に使えるということになります。

通常の一般家庭に設置されているコンセントは100Vのものが多いですが、冷蔵庫やエアコンなど消費電力の多い家電を使うことを想定される場所には200V用のコンセントが設置されていることがあります。
200V用のコンセントを使うと電力消費が多く、電気代が高くなってしまう…と不安に思われるかもしれませんが、実はそうではありません。
1度に使える電圧量が増えるだけで、電力消費量が増えるわけではないので、200Vのコンセントを使うからと言って急激に電気料金が跳ね上がるといった心配は不要となります。

200Vの形状

こちらが100Vと200Vのコンセントプラグの形です。
並べてみると人の顔みたいでおもしろいですよね。

100Vはよく見るコンセントでお馴染みの縦向きに2本差し込み口が開いています。
それに対して200Vは横向きに差し込み口が開いていて、プラグを差す方向が異なることが分かりますね。

このようにV数によって差し込み口の形状が変わってくるので、V数の合わない電化製品は使えないこととなります。
アダプターなどを使って差し込み口の形状を合わせても、100Vのコンセントに200Vを使用する電化製品が使えないのは分かりますよね。
実は逆も同じで、200Vのコンセントプラグで100Vのものも使えません。

アダプターなどを使って形状を合わせただけで使用すると電化製品は故障してしまいます。
コンセントプラグに対し、異なるV数の電化製品を使いたい場合は、変圧器を使うから分電盤で回路の組み換えを行ってV数を変える必要が出てきます。
分電盤を触るような作業は電気工事士免許を持っている人しか行ってはいけないと法律で決められているので、電気工事事業者などにお願いをして変えてもらわなければいけません。

200V用のコンセントが必要になったら

設置されているコンセントの数を上回って200Vを使用する電化製品が使いたい場合、200Vのコンセントを増設する必要が出てきます。
200Vのコンセントを増設したい場合、どのような方法があるのかを見ていきましょう。

コンセント増設工事

新しい家で、単相3線式と呼ばれる3本の電線やケーブルを使って電力供給している低圧配線方式で、200Vの配線が電線から来ている場合増設工事で200Vが使えるようになります。
ただし、ブレーカーに空きがあることが条件となります。
その場合、子ブレーカーを増やし、コンセントも増やして接続するという簡単な工事で200Vのコンセントプラグを増設できます。

相場の工事費用はおおよそ5,000円前後です。
回路の増設費用は15,000円~となります。
前の項目でも触れましたが、電気のコンセント工事は電気工事士免許を持っている人しか取り扱えません。
自力で増設はできないので、その場合は専門の業者に相談してくださいね。

ブレーカー交換

ブレーカーに空きがない場合や、古いブレーカーを使っている場合は、ブレーカーごと交換することとなります。
ブレーカー交換の費用の目安は約10,000円~です。
こちらも専門の業者に依頼が必要となります。

引き込み工事

古い家屋など、単3線式が引き込まれていない物件では引き込み工事をしなければいけません。
その場合、電線から分電まで引き込むこととなります。
ここまでの大きな工事となると、事前に電力会社に連絡をし、許可を得てからの作業となるので大掛かりなものとなっていまいます。
そのため、作業費も50,000円~とやや高額なものとなってきます。

電力量計の交換

設置されているものによっては電力を積算し計量する機械である電力量計が200Vに対応していない場合もあります。
もし、自宅に設置されている電力量計が200Vには対応していないものなら、対応できるものに交換しなければいけません。

どのタイプのものに交換するのか、また配線状況などによって費用も変わってくるので、まずは業者に連絡をして見積もり表を作ってもらうといいでしょう。
その際に、どこの業者に依頼するかで費用に変動も出てきます。
少しでもお得に、また条件良く工事をしてもらうために、複数の業者から見積もりを貰うことをおすすめします。
数社見比べをして、安心して任せられると思える業者を見つけてくださいね。

まとめ

100Vのコンセントプラグは簡単な電気工事で200Vに変更できることが分かりました。
ただし、簡単な工事と言えども専門の資格を持っている人でないと工事が出来ない特殊なものとなります。
200Vの家電が使えるように電圧を変えたいという場合は、電気工事士の資格を持っている電気工事事業者に相談をしてみてください。

もちろん弊社、街の修理屋さんでも電圧交換などの工事を承っております。
お見積りのご相談など、どんなことでもお気軽にお申し付けくださいね!

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す