テレビアンテナを自分で設置する前に安全に取り付けを行う方法を解説します

朝の身支度をするかたわらで見る情報番組から、夕方の天気予報、夜のドラマまで、テレビはとても身近な娯楽であり情報源です。

そんなテレビを見るために重要なものは何でしょうか?

そう、アンテナです。

今回の記事は、そんなアンテナに関する解説です。

テレビを快適に見るために

アンテナレベルを確認しているテレビ画面

テレビを快適に見るためには、何が重要でしょうか。
テレビ自体をグレードアップすることも重要ですが、それよりも大切なことがあります。

テレビを快適に視聴するためには、テレビの電波を安定して受信することが何よりも重要です。

テレビ用の電波を安定して受信し続けるためには、電波を受信するためのアンテナがきちんと働いていることが重要となってきます。

「最近テレビの調子が悪い……」「テレビの映像が乱れる」といった症状が現れた場合は、ぜひテレビアンテナの環境や状況を見直してみてください。

取り付けるテレビアンテナの違い

テレビ視聴用のアンテナにはいくつかの種類があります。

取り付けるテレビアンテナのタイプによっても、電波の受信強度や、電波を安定して受信できるかどうかに違いが出てきます。

どのアンテナを使うかという点ももちろん重要ですが、アンテナごとの長所、短所を把握して、適切な使い方をすることでより快適にテレビを視聴することができるようになります。

まずはテレビアンテナの種類と、種類ごとの特徴について解説します。

テレビアンテナの種類

テレビアンテナと一括りにしてしまいがちですが、テレビアンテナにも色々な種類のものがあります。

現在の受信環境に最も合っているアンテナを選んで設置することが大切です。

地上デジタル放送を視聴するのか、BS/CSなどの衛星放送を視聴するのかという点でもアンテナの種類は変わります。

それぞれの番組を快適に視聴するために必要なアンテナの種類について解説します。

地デジアンテナについて

地上デジタル放送、つまり地デジを視聴するためのアンテナには、大きく分けて三種類の種類があります。

最もスタンダードなのが八木式アンテナと呼ばれるアンテナです。魚の骨のような形をしており、屋根に設置されていることが多いアンテナです。受信する電波の強度も最も強く、受信も安定しているという特徴があります。ただし、サイズが大きくて重いので、持ち運びはできません。

最近人気が高まってきているのがデザインアンテナです。デザインアンテナは長方形の形をした小型のアンテナで、カラーバリエーションも豊富です。そのため、新築の家の外壁にアンテナを設置したいという方に人気があります。ただし、受信感度は八木式アンテナにやや劣るという欠点もあります。

家の中だけでなく、車でも地デジを視聴したいという方に人気なのが室内アンテナです。電波強度はこの三種類の中では最も低いですが、持ち運びができるという長所があります。家の中でテレビを見るだけでなく、車の中に置いて地デジを視聴したいという方にも選ばれているアンテナです。

BS/CSアンテナについて

BS/CSなどの衛星放送や4K、8K放送を視聴するためには、普通の地上デジタル放送用のアンテナではなく、BS/CS視聴用の専用のアンテナが必要となります。

BS/CS視聴用のアンテナはパラボラアンテナと呼ばれています。大きなお皿のような形をしたアンテナで、このお皿の部分に電波を受信することで番組を視聴することができるようになります。

このアンテナを設置しないとBS/CS放送を視聴することはできません。

テレビアンテナの取り付けは自分でもできる?

テレビアンテナの取り付けは、自分でもできるのでしょうか。

例えば台風や強風でテレビアンテナが倒れてしまったとき、自力で直せるかどうか気になってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

倒れたアンテナを起こすだけなら簡単な作業に思えるかもしれません。しかし、アンテナを取り付ける作業は屋根の上に乗って作業するので危険を伴います。それだけではなく、様々なリスクに自分で対応しなければならないという欠点もあります。

自分で取り付けようと考える前に

台風や強風で倒れただけだから、高いところには慣れているから、と安易に考えてしまいがちですが、アンテナを取り付けるというのは実は非常に危険を伴う作業です。

  • 高所で作業するので転落の危険がある
  • アンテナだけでなくブースターなどの部品も故障していた場合は自力での修理は難しい

これら2点の問題があります。

また、アンテナは電波をより強い強度で受信できる方向に向けられているため、ただ起こしただけでは電波を受信できない可能性もあります。

さらに、アンテナや部品を作業中に落下させてしまったとき、思わぬ事故に繋がるという可能性も考えなければいけません。

作業を大なう自分だけではなく、周囲の人や物を傷つける危険性あることに留意しましょう。

自分の作業では安全の確保が難しい場合、きちんとした技術をもった業者に依頼しましょう。

取り付けるのは自分では難しい

アンテナを自力で取り付けるのは非常にリスクの伴う作業です。そのため、アンテナを修理したい、強風でアンテナが倒れてしまった、アンテナの調子が悪いなどの症状が出た場合には、プロに頼むのが最も確実です。

アンテナ取り付けの実績のあるプロの業者なら、電波の強度や取り付けの位置なども確認して作業を進めてくれます。

アンテナの取り付けはプロに任せよう!

アンテナの取り付けは、プロに任せるのが最も確実かつ安全な方法です。

街の修理屋さんでは見積もりを無料で行っているので

「事前に見積もりが欲しい」

「きちんと見てもらってから修理したい」

という方も安心して任せることができます。

街の修理屋さんでは、アンテナ工事は10,000円~、接触改善は3,000円~など、リーズナブルな価格と確かな技術力でお客様の悩みを解決しています。アンテナ工事やアンテナのトラブルでお悩みの方は、ぜひ一度見積もりだけでもご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ